ヒット量産?6年間右打ちだった僕が左打ちになる為に行った練習法!!

野球の中で足が速い人って「左打ち」のイメージがありますよね?

実は左打ちには、右打ちにはないメリットがあるんです!

どんなメリットがあるのか紹介していきますね。

右打ちにはない左打ちのメリット

・1塁へのスタートがスムーズにできる

バットを振り切ったとき、右打ちの人は腰が回転して3塁方向に体が向いているのに
対して、左打ちの人は腰が回転したときに1塁方向に体が向いているので、そのまま
走り出すことができるのです!

このたった0.2秒から0.3秒の違いが相手チームの野手を慌てさせ、ヒットを生むことに繋がります。

・バッターボックスが1塁に近い

右打ちと左打ちがそれぞれバッターボックスに立った位置から1塁への距離は約1メートル違います

この1メートルの違いが、内野安打を生んだりするのです!

このように左打ちには、いろいろなメリットがあります。

僕も中学2年の時にヒットが打てなくて悩んでたら、コーチに「左打ちに転向してみたら?」とすすめられました。

最初は「今よりも打てなくなるのでは?」と不安もありましたが、思い切って挑戦
することにしました。

結果的に今は、右打ちの時よりもヒットが打てるようになったので左打ちにして
よかったなと思ってます!

では、6年間右打ちだった僕が左打ちに転向するために行った練習法を紹介していきます。

左打ちになるための練習法

・素振り

バッティングフォームを身につけるには、何といっても素振りが1番です!

でもただ単に素振りをするのではなく、右腕だけ、左腕だけで素振りをするようにしましょう。

この時、脇のしめ方手首の返しフォロースルーをそれぞれの腕でバランスよく身につけます。

・普段の生活で左手を使う

右打ちから左打ちになるには、普段の生活でも左手を使うことが重要になります!

例えば、左手ではしを使う
    左手でペンをもつ
    左手でカバンを持つ
    左手でゴムボールを握るなどがあります。

僕はもともと右利きだったので、最初はすごく苦労しました。

ご飯を食べる時は、なかなか食べれない…

字を書く時は、自分でも何を書いているのか分からない…笑

でも今となっては、いい思い出です!

最後に

今回は、僕が左打ちに転向するために行った練習法を紹介していきました。

実はプロ野球やメジャーリーグで活躍している左打ちの選手のなかにも、もともとは
右利きだったという選手は多いです。

なので、ヒットが打てなくて悩んでる人、もっとヒットを打ちたいと思ってる人は左打ち
に挑戦してみるといいかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください