打撃の幅が広がる?流し打ちをマスターするコツ・練習法!!

みなさん、打つ時に無理に引っ張ってボテボテのゴロになったことはありませんか?

たぶん、誰しもが一度は経験したことがあると思います。

ボクも、野球を始めたての頃は遠くに飛ばそうと、無理に引っ張ってました…

引っ張ろうとすること自体は悪くないですが、そればかり意識してしまうと、三振や内野ゴロが多くなってしまいます!

なので今回は、そうならない為にも野球歴10年のボクが流し打ちをマスターするコツ・練習法を紹介したいと思います!!

流し打ちをマスターするコツ

ボールを押しこむ感覚を身につける

ボールを流し打ちするためのポイントは、ボールを押しこむ感覚を身につけることです!

右バッターの場合、右腕でボールの勢いに負けないしっかりとした押しこみができれば、「流し打ち」で鋭い打球が打てるようになります。

流し打ち時の体の使い方は、

  •  ボールから離さない

  • 手首
  •  ぎりぎりまで返さない

  • 右腕
  •  ライト方向へボールを押しこむ

  • へそ
  •  ライト方向へ向けて、腰を回転させる

へそをライトへ向けたまま腰を回転させる

外角のボールをすなおに流し打ちするには、へその向きがライト方向で止まるように腰を回転させることがポイントになります!

外角のボールを引っかけてボテボテのゴロを打つ人は、レフト方向までへそを向け、腰を回転させ過ぎています…

それだと、全身のパワーをバットに伝えることができません!

正しい流し打ちは、

  1. ホームベース寄りにしっかりとステップする
  2. 頭をふらつかせず、ボールを引きつけてミートする
  3. 右腕でボールをライト方向へ押しこんでから、手首を返す
    (へそをライトへ向けたまま腰を回転させることがポイント!)

流し打ちをマスターする練習法

ネットを流し打ちする方向に置いたティーバッティング

正面からトスしてもらい、ネットのある方向に打ちましょう。

この時、腰の回転をぎりぎりまで我慢して、ボールを引きつけてから打つことを意識しましょう!

ちなみにボクは、他の人よりも引っ張る意識が強かったので、よくコーチに「我慢、我慢、我慢…」と言われてバットを振ってました。笑

背中越しのロングティーバッティング

背中越しに投げてもらうことによって、体の開きをおさえ、ボールを引きつけて打つ練習になります!

ロングティーの良いところは、自分の打ったボールの軌道や鋭さを確認できるとこです。

なので、ボクは自分の成長をすごく感じることができる、この練習が一番好きでした!

最後に

今回は、流し打ちをマスターするコツ・練習法について紹介しました。

たまに、逆方向へのポテンヒットやボテボテのゴロのヒットで「流し打ちができた」と思
う人がいますが、それは「振りおくれ」やボールの勢いに「押し返された」だけなのです。

なので、正しい流し打ちを覚え、鋭い打球が打てるように練習していきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください