チャンスを広げる?元高校球児が教える盗塁を成功させるコツ!

みなさん、盗塁とはどんなプレーか知っていますか?

盗塁とは、走者が守備側のスキをついて次の塁に進むことです。

別名「スチール」とも言われています。

そんな盗塁は、足が速い人がするものだと思っていませんか?

実は、盗塁は足が速いだけでは成功しません!

盗塁をする時に求められるのは、足の速さ以外にスタートの良さ、スライディングの技術などです。

なので今回は、盗塁を成功させるコツを元高校球児だった僕が教えていきたいと思います!

盗塁を成功させるコツ

ピッチャーやキャッチャーを観察してクセをつかむ

盗塁が成功できるか、できないかの勝負は、塁に出る前から始まっています!

例えば、試合中のピッチャーが「けん制球が多いか、少ないか」、「けん制球を投げる時
の足はどう動いているのか」、「けん制球はプレートを踏んでいるか、外しているか」。

キャッチャーだと、「肩の力が強いか」などを塁に出る前からよく観察して、クセをつかむ必要があります!

盗塁を成功させることは、チャンスを拡大させることはもちろん、相手チーム、特にピッチャーの集中力を分散させることができます。

僕もピッチャーをしていた経験があるのですが、やはりランナーがいるとバッターだけに
集中することが出来ず、打たれてしまうことが多かったです…

腰の回転と左足のけりでスタートを切る

盗塁を成功させるためには、セットポジションに入ったピッチャーの動きに注意し、
ピッチャーの足が上がったらすばやくスタートを切らなければいけません!

このすばやいスタートには、腰の回転と右足に重心をおいた左足のけりポイントになります。

盗塁時の正しい動作は、

➀ピッチャーの動きに注意し、両足に重心をかけて低い姿勢をとる

➁ピッチャーの足(左ひざ)がベルトまで上がったら、腰を回転させ、右足に重心をおいて左足をける

➂前傾姿勢で小さな歩幅のままダッシュし、上半身を起こしながら少しずつ加速する

盗塁には、すばやい「スタート」、加速のついた「スピード」、相手のタッチをかわす「スライディング」の3Sが必要とされています。

この3Sにはランナーにとっての基本がすべてあるので、練習して身につけましょう!

ちなみに僕が、この3Sの中で特に意識したのは、すばやい「スタート」です。

すばやい「スタート」をすることによって、多少の「スピード」や「スライディング」はカバーできるからです!

最後に

今回は、盗塁を成功させるコツについて紹介しました。

ただ走るだけに見える盗塁にも、いろいろなコツがありますよね?

盗塁が成功するか、しないかではその試合の勝敗が大きく変わってきます。

なので、塁に出たら積極的に盗塁を行い、成功させて試合に勝利しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください