元高校球児が教える3種類のスライディングの正しいやり方!

まず、はじめにスライディングをする目的を知っていますか?

普段スライディングはやっているけど、目的は知らないって人もいるかもしれません。

スライディングをする目的は、スピードを落とさずに止まるためなんです!

スライディングは盗塁の時に使うイメージが強いですが、野手のタッチをかわして帰塁する時や、ホームインする時などにも使います。

なので、試合の中でいろいろなスライディングを使い分ける必要があります!

今回は、そんなスライディングが正しくできるように、元高校球児だった僕が教えていきたいと思います。

3種類のスライディングの正しいやり方

ストレートスライディング

ベースに真っ直ぐ滑っていくストレートスライディングは、ベースに前足がついた瞬間、
下にある足をクッションにして立ち上がり、次の塁を狙うことができます。

この時、ひざをしっかりと伸ばして、かかとからベースにつくように滑りましょう!

ストレートスライディングの正しいやり方は、

➀スピードは8割くらいがスライディングしやすい

➁滑りながら左足を折り曲げ、両手を上げる

➂右足を伸ばし、折り曲げた左足のふくらはぎに乗って滑る

➃右足のかかとでベースをける

➄ベースに右足がついた瞬間、左足のひざをクッションにして立ち上がる

ちなみに、僕がセカンドを守っている時にランナーがつま先から滑ってきて、手をケガしたことがあります…

なので、滑る時は必ず足首を曲げて、かかとから滑るようにしましょう!

フックスライディング

フックスライディングとは、内野手のタッチをかわして滑るスライディングです。

内野手が捕球する体の向きと反対側へ体をたおして、足の先をベースに引っかけるように滑りましょう!

フックスライディングの正しいやり方は、

➀野手の位置と逆方向へ滑り始める

➁左足を折り曲げて、スパイクの先をベースに引っかける
(この時、右足は伸ばさず、軽く曲げておきましょう

➂スパイクをベースに引っかけたまま、野手の位置と逆方向に体をたおしてタッチをかわす

まわりこみスライディング

まわりこみスライディングは、ホームインする時のスライディングのテクニックです。

バックホームの送球を待つキャッチャーの後ろにまわりこみ、滑りこみながら手を伸ばしてベースにタッチすることがポイントです!

まわりこみスライディングの正しいやり方は、

➀キャッチャーがホームの右側で送球を受けるのを確認し、キャッチャーの左側から勢いよく滑りこむ

➁キャッチャーの左側からまわりこみ、左手をホームプレートに伸ばす

➂キャッチャーのタッチをかわし、滑りながらベースタッチする

僕がまわりこみスライディングで意識したことは、左手でなでるようにベースタッチすることです。

こうすることで、動き全体がスムーズになるからです!

最後に

今回は、3種類のスライディングの正しいやり方について紹介しました。

スライディングは正しいやり方で滑らないと、ケガをしてしまいます…

なので、そうならないためにも今回紹介したことを参考に、スライディングをやってみてください!

そして、ひとつでも多くセーフになれるように頑張ってください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください