元高校球児が教えるタッチアップを成功させるコツ!!

まず、はじめにタッチアップと聞いてピンとこない人もいると思います。

タッチアップとは、バッターがフライでアウトになった場合でも、既存のランナーがフラ
イの捕球後に帰塁していれば、その後に次の塁に進むことができる
走塁戦術のことです!

そんなタッチアップも、コツさえ分かってしまえば成功確率はぐんと高くなります。

なので今回は、タッチアップを成功させるためのコツを元高校球児の僕が紹介していきたいと思います!

タッチアップを成功させるコツ

ハーフウエーとタッチアップを使い分ける

まずハーフウエーとは、走者が塁と塁の間まで進塁することです。

ハーフウエー時の走塁は、

  1. リードをとりながら打球方向を見る
  2. 浅いフライの時はストップする
  3. ハーフウエーで待ち、判断する
  4. 野手が捕球したら、体重を元の塁に向ける
  5. すばやく帰塁する

ランナーがハーフウエーをとる場合は、野手のエラーも予想して待つことが重要です。

ですが、あまり大きなリードをとると、返球でアウトになってしまうので注意しましょう!

タッチアップ時の走塁は、

  1. バッターのヒッティングと同時に体重を次の塁に向ける
  2. タッチアップが可能と判断したら、ストップして帰塁する
  3. ベースの角を踏み、タッチアップの体勢をとる
  4. 野手が捕球したら、後足でベースをけってスタートする
  5. 一気に加速する

タッチアップの場合、すばやい判断力と次の塁へ向かう一歩目の速さがポイントになります。

帰塁してベースの角を踏み、低い姿勢からベースをけるように勢いをつけてスタートを切るようにしましょう!

タッチアップはファールフライでもできる

タッチアップは、ファールゾーンでも外野の深い守備位置であれば、成功する可能性は十分にあります。

ここで、僕が実際に行っていたタッチアップをするか、しないかの判断方法を紹介したいと思います。

タッチアップをする時は、野手がダイビングキャッチなど、体勢の悪いなかで捕球した場合、

タッチアップをしない時は、野手が走りこみながら捕球して、捕球から送球までにムダな動作がない場合です。

これだけでも分かると、タッチアップの判断がしやすくなります!

タッチアップは三塁ランナーだけではない

実は、タッチアップは三塁ランナーだけの走塁戦術ではありません。

間に合うと思ったら、一塁ランナーでも、二塁ランナーでも次の塁を狙ってもいいのです!

その時の判断基準は、野手がフライを「捕球した位置から送球する塁までの距離」と「送球するまでの時間」の2つです。

一塁ランナーの場合は、キャッチャーがランナーに背中を向けてキャッチングしている時がチャンスです!

二塁ランナーの場合は、野手が捕球して、三塁までの距離が遠いライト線や右中間などに飛んだ時がチャンスです!

僕も野球を始めたころ、タッチアップは三塁ランナーだけのものだと思ってました…

なので、一塁や二塁にいる時は全然走らなかったです。笑

最後に

今回は、タッチアップを成功させるためのコツについて紹介しました。

タッチアップは、どの塁からもできるので、ランナーは気がぬけませんよね?

僕は、タッチアップができるのにやらなかった時があって、その時は監督やコーチに怒られました…笑

みなさんは、そうならない為にも、常に次の塁に進むことを意識してプレーするようにしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください