明石市長の泉房穂は悪くない?メディアの情報操作が原因だった!

2019年1月29日、兵庫県明石市の泉房穂市長が道路の拡幅事業で立ち退き交渉を担当する職員に「火をつけて捕まってこい」などと、

暴言を浴びせたと各局で報道されました。

今回は、その明石市長の泉房穂は悪くないとTwitterなどで話題になっているので、お伝えしていきます。

また、今回の暴言騒動はメディアの情報操作が原因ともいわれているので詳しく調べてみたいと思います!

明石市長の泉房穂は悪くない?

今回の騒動の概要

2017年6月、兵庫県明石市の泉房穂市長が
道路の拡幅事業で立ち退き交渉を担当する職員に「火をつけて捕まってこい」などと市長室で暴言を浴びせたと話題になっています!

兵庫県明石市の泉房穂(ふさほ)市長(55)が2017年6月、道路拡幅に伴う用地買収が進まないため、「立ち退きさせてこい。今日、火をつけて捕まってこい。燃やしてしまえ」などと担当幹部に暴言を吐いていたことが28日、分かった。泉市長は毎日新聞の取材に対して事実関係を認め、「市長としてあるまじき行為で深く反省している」と述べた。

引用:毎日新聞

これだけ見ると、明らかに明石市長が悪いように見えますよね?

でも、ネットの声は意外なものでした!

ネットの声

明石市長・泉房穂の暴言騒動はメディアの情報操作が原因だった!

「明石市長は悪くない」と言われる訳

でも、なぜここまで明石市長が悪くないと言われるのか気になりますよね?

そこで調べてみると、

道路の拡幅事業で立ち退きを担当する職員が7年間も放置したことの方が悪い

との意見が多数ありました。

確かに、7年間も立ち退き交渉をしていない担当職員は良くないですよね。

メディアの情報操作が原因

また、今回の暴言騒動の報道に対して「報道としての公平さを欠く」と苦言を呈した人もいました。

それは、地元紙でもある神戸新聞。

テレビなどで流れている音声には公開されていない部分があると報じました。

テレビで公開された音声がこちらです↓

職員「(立ち退き対象だった建物の)オーナーの所に行ってきた。概算で提示したが、金額が不満」
 市長「そんなもん6年前から分かっていること。時間は戻らんけど、この間何をしとったん。遊んでたん。意味分からんけど」
 職員「金額の提示はしていない」
 市長「7年間、何しとってん。ふざけんな。何もしてへんやないか7年間。平成22(2010)年から何しとってん7年間。金の提示もせんと。楽な商売じゃお前ら。あほちゃうか」
 職員「すいません」
 市長「すまんですむか。立ち退きさせてこい、お前らで。きょう火付けてこい。燃やしてしまえ。ふざけんな。今から建物壊してこい。損害賠償を個人で負え。安全対策でしょうが。はよせーよ。誰や、現場の責任者は」

引用:神戸新聞NEXT

でも、実際にはこの音声には続きがあったそうです。

それがこちらです↓

職員「担当はおります。課長が待機していますが」
 市長「上は意識もしてなかったやろ。分かって放置したわけやないでしょ。任せとっただけでしょ。何考えて仕事しとんねん。ごめんですむか、こんなもん。7年間放置して、たった1軒残ってもうて。どうする気やったん」
 市長「無理に決まっとんだろ、そんなもん。お前が金積め。お前ら1人ずつ1千万円出せ。すぐ出て行ってもらえ。あほちゃうか、そんなもん。ほんま許さんから。辞表出しても許さんぞ。なめやがって。早くやっとけばとっくに終わってた話を。どないすんねん。悠長な話して。たった1軒にあと2年も3年もかけんのか。何をさぼってんねん、7年も。自分の家売れ。その金払え。現場に任せきりか。担当は何人いるの」
 職員「1人しかいません」
 市長「とりあえずそいつに辞めてもらえ。辞表とってこい。当たり前じゃ。7年分の給与払え。辞めたらええねん、そんな奴。辞めるだけですまんで、金出せ金も」
 職員「担当は今は係長。この間係長は3回替わった」
 市長「何やっとったん、みんな。何で値段の提示もしてないねん」
 職員「値段は概算を年度末に提示している」
 市長「概算なんか意味ない。手続きにのらへんやないか」
 職員「市長申し訳ありませんが、(の分は)予算は今年度でつんでいる。前年度は予算ついていないんで、概算しか」
 市長「ついてないってどういうことよ」
 職員「他の地権者の分、とってますから。丸ごと全事業費は1年間でどーんと付けられない」
 市長「見通しわかっとったやろ。ややこしいの後回しにして、楽な商売しやがって」
 市長「ずっと座り込んで頭下げて1週間以内に取ってこい。おまえら全員で通って取ってこい、判子。おまえら自腹切って判子押してもらえ。とにかく判子ついてもらってこい。とにかく今月中に頭下げて説得して判付いてもうてください。あと1軒だけです。ここは人が死にました。角で女性が死んで、それがきっかけでこの事業は進んでいます。そんな中でぜひご協力いただきたい、と。ほんまに何のためにやっとる工事や、安全対策でしょ。あっこの角で人が巻き込まれて死んだわけでしょ。だから拡幅するんでしょ。(担当者)2人が行って難しければ、私が行きますけど。私が行って土下座でもしますわ。市民の安全のためやろ、腹立ってんのわ。何を仕事してんねん。しんどい仕事やから尊い、相手がややこしいから美しいんですよ。後回しにしてどないすんねん、一番しんどい仕事からせえよ。市民の安全のためやないか。言いたいのはそれや。そのためにしんどい仕事するんや、役所は」

引用:神戸新聞NEXT

どうですか?

確かに言葉遣いは荒いですが、市民の安全に対する市長の熱い想いは伝わってきますよね!

でも、テレビなどの報道によって偏った情報しか受け取れてない現代は、この市長の想いが伝わらないので残念です。

ぜひともメディアには、音声を全部流してもらいたいです!

【関連記事】

明石市長の録音データは誰に盗聴された?理由は4月に控えた市長選?

まとめ

今回は、明石市長の泉房穂は悪くないのか?についてまとめていきました。

意外にも「明石市長は悪くない」という声が多かったですね。

また、今回の暴言騒動はメディアの情報操作が原因だったのかについてもお伝えしました。

メディアがどれだけ情報操作をしているのか分かっていただけたと思います!

なので、これからはテレビだけの情報に惑わされないように気をつけたいですね!!

2 Comments

ボン

一方的な取り上げになっていると感じます。
仕事に対して真剣に取り組んでいない、公務員の怠慢が問題だと思います。

行き過ぎた言葉もあると思いますが、仕事をしなくて、不満ばかり言う人間が、揚げ足をとった攻撃で、見苦しい。

市長を辞職され残念です。
明石市の今後が、心配ですね。

返信する
you5da

コメントありがとうございます!

確かに、市長が部下に投げかけた言葉は乱暴であったと思いますが、
その後のフォローした部分はカットされ、一方的な報道がされたのはとても残念です。

また、こうした悪いことばかりが深く掘り下げられていますが、これまで市長が行ってきた政策についても詳しく報道するメディアがあっても良いのではないかと思いました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください