【NGT暴行事件】ファンと繋がりを持った12人は誰?なぜ不問?

2019年3月21日、NGT48の山口真帆への暴行事件をめぐる問題を受け、運営会社のAKSが第三者委員会による調査結果を公式サイトで発表されました。

その中の一文に「36名のメンバーから、他のメンバーとファンとの「つながり」に関する供述があった。その際、12名のメンバーの名前が具体的に挙がった。」とありました。

今回は、そんなファンとの繋がり持った12人は誰なのか?調べていきます!

また、なぜ今回は不問になったのか考察していきたいと思います。

【NGT暴行事件】ファンと繋がりを持った12人は誰?

21日、NGT48の運営会社AKSから第三者委員会による調査結果を公表されました。

その実際に公表された調査結果が以下になります↓





(一部抜粋)

この報告書のなかに1つ気になる点がありました。

それが以下になります↓

この12名のメンバーの名前が具体的に挙がったが誰なのか気になりますよね?

そこで調べてみました。

すると上記のような意見がありました。

しかし、これだけでは分かりませんよね?

そこで、さらに調べてみると以下のような情報が出てきました。

山口真帆さんが暴行被害を告白するツイートを投稿する際、一時的に非公開の鍵付きのアカウントに設定したのですが、そのタイミングで

  • 西潟茉莉奈
  • 太野彩香
  • 加藤美南
  • 山田野絵

この4名のツイッターやインスタグラムのフォローを外したそうです。

その実際の様子がこちらです↓

さらに、

  • 羽切瑠菜

も怪しいとされています!

その理由が、2018年末に重大なルール違反で活動自粛になっているからです。

この活動自粛に関しては、当初運営から詳しい説明もなかったため余計に犯人ではという噂がたちました。

そして、もう一人怪しいとされているのが、

  • 中井りか

です。

その理由は、山口真帆さんの事件が起きる前にTwitterで意味深すぎる発言をしたからです。

そのツイートを簡単に要約すると

「山口真帆さんが好きだけど、変な憶測は広めないで」

という風なツイートでした。

この後、このツイートは削除され、「伝わって欲しいな」というツイートのみが残されました。

このツイートが実は山口真帆さんのツイートでの告発より少し前だったことから「山口真帆が言う事は嘘で、私が事実だから」という予防線を張っているように見えてしまい、犯人と噂されるようになりました。

最後に怪しいとされているのが、

  • 荻野由佳

です。

その理由は、山口真帆さんと仲が良いとされている菅原りこさんが、荻野由佳さんのTwitterのフォローを外したことです。

真相は分かりませんが、ファローを外すタイミングなどで怪しまれる結果になってしまいました。

【NGT暴行事件】ファンと繋がりを持った12人はなぜ不問?

今回の調査報告書では、さらに気になるところがあったと思います!

それがこちらです↓

ここまで騒動になっておいて不問はないですよね?

これに対しネットでも以下のような声がありました。

さすがにこの対応は酷いですよね?

個人的に不問にした理由は、

  1. 風化させたい
  2. これ以上問題を大きくしたくない

この2つ以外は考えれないです!

【関連記事】

松村匠取締役の出身大学や高校は?過去にはとんねるずにも出演?

まとめ

今回は、NGT暴行事件でファンと繋がりを持った12人は誰なのかについてまとめていきました。

真相のところは分かりませんが、怪しい人は何人かいましたね。

また、ファンと繋がりを持った12人がなぜ不問になったのかについてもお伝えしました。

これも真相は分かりませんが、運営者側の都合のように見えますよね?

今後、この事件がしっかりとした形で解決することを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください