藤井康成(大東文化大准教授)の経歴や顔画像は?犯行理由は邪魔だったから?

2019年4月3日、東京・北区の公園で殺虫剤に使われる劇薬を混ぜた米をハトに食べさせて死なせたとして、大東文化大学の准教授・藤井康成容疑者が逮捕されました。

今回は、そんな大東文化大准教授・藤井康成の顔画像や経歴についてまとめていきます!

また、犯行理由についてもお伝えします。

藤井康成(大東文化大准教授)の顔画像や経歴は?

大東文化大学の准教授・藤井康成容疑者(51)は今年1月、北区の神谷公園で殺虫剤に使われる劇薬「メソミル」を混ぜた米をカワラバト4羽に食べさせて死なせた疑いが持たれています。

警視庁によりますと、付近の防犯カメラには藤井容疑者がハトに餌(えさ)を与える様子が映っていたということです。藤井容疑者の自宅からはメソミルも見つかりました。

取り調べに対し、「家の近くにハトが来るのが邪魔だった」などと容疑を認めています。北区では3年前からハトやスズメなど約100羽の死骸が見つかっていて、その付近ではいずれもメソミルが見つかったということです。警視庁が関連を調べています。

引用:テレ朝NEWS

とても悲惨な事件ですよね。

顔画像やプロフィール

そんな犯行に及んだ藤井康成容疑者の顔画像はこちらです↓

  • 名前  藤井康成(ふじいやすなり)
  • 年齢  51歳
  • 居住地 東京都北区赤羽西

経歴

そして藤井康成容疑者の経歴はこちらです↓

経歴
2004年 オーストラリア国立大学大学院人文科学研究科博士課程修了
2006年 東京電機大学理工学部英語インストラクター
2009年 大東文化大学外国語学部英語学科専任講師
2019年 大東文化大学外国語学部英語学科准教授

約10年のあいだ講師を務め、准教授になっておられますね。

なぜ苦労人の方が、今回のような犯行をしたのか不思議でなりません。

ちなみに、藤井康成容疑者は学位も持っておられました↓

学位
PhD(言語学博士号)「オーストラリア国立大学」

また、藤井康成容疑者の担当講義は、

  • 「ゼミナール1A、1B」
  • 「英語コミュニケーション研究2A、2B」

研究分野は、

  • 会話・談話分析(話し言葉のデータを扱った様々な分析)
  • 相互行為の社会言語学(人々の言語行動と社会的要因の関係)

だったそうです。

犯行理由は邪魔だったから?

そんな職場でも実績を残しつつあった藤井康成容疑者が、なぜ今回のような犯行をしたのか気になりますよね?

そこで犯行理由を調べてみると、

家の近くにハトが来るのが邪魔だった

と分かりました。

あまりに自分勝手な行動ですよね。

事件が起きた北区では、3年前からハトやスズメなど約100羽の死骸が見つかっていたそうです。

まとめ

今回は、大東文化大准教授・藤井康成容疑者の顔画像や経歴についてまとめていきました。

また、犯行理由についてもお伝えしました。

家の近くに来るハトが邪魔だったから犯行したとのことでしたね。

もう少し別の手段がなかったのか考えてほしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください