【ワイヤ抜き忘れ】大阪府寝屋川市の病院はどこ?寝屋川生野病院との噂!

2019年4月4日、衝撃のニュースが飛び込んできました。

なんと、入院患者の静脈に挿入したカテーテルを誘導するワイヤを抜き忘れ、転院先の病院でカテーテルを抜く際に体内に放置されたワイヤが心臓を貫通し、男性が死亡していたことが分かったのです。

そこで今回は、ワイヤを抜き忘れた大阪府寝屋川市の病院はどこなのか調べてみました。

寝屋川生野病院との噂がありますが、どうなんですかね?

【ワイヤ抜き忘れ】大阪府寝屋川市の病院はどこ?寝屋川生野病院との噂!

 

大阪府寝屋川市の病院で2017年11月、男性入院患者の静脈に挿入したカテーテルを誘導するワイヤを抜き忘れ、転院先の病院でカテーテルを抜く際に体内に放置されたワイヤが心臓を貫通し、男性が死亡していたことが3日、関係者への取材で分かった。府警は業務上過失致死の疑いで捜査している。

 関係者によると、男性は寝屋川市の無職鈴木博さん=当時(69)。鈴木さんはパーキンソン病などを患い、介護施設に入所していた17年11月22日、床ずれの治療のため「寝屋川生野病院」を受診。一時呼吸停止に陥り、その後肺炎と診断された。

引用:KYODO

あまりにも恐ろしいミスですよね。

どこの病院?

そこで、このワイヤを抜き忘れた病院はどこなのか気になりますよね?

そこで調べてみると、

被害に遭われた男性はパーキンソン病などを患い、介護施設に入所していた17年11月22日、床ずれの治療のため「寝屋川生野病院」を受診していたことが分かりました。。

どうやら寝屋川生野病院が今回の事件に関係していると思われています。

実際に、この病院には取材陣も来ていたようです。

寝屋川生野病院とは?

寝屋川生野病院は、大阪府寝屋川市にある病院です。

詳細な場所

場所は、大阪府寝屋川市日新町2-8

診療科目

診療科目は、

内科、神経内科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、歯科、歯科口腔外科、消化器外科

があります。

口コミ

寝屋川生野病院ではない?

今回の事件に大きく関わっているとされてる寝屋川生野病院ですが、

一方でこのような声もありました。

フェイクニュース」と書かれてありました。

ますます真相が気になりますよね?

【追記】

被害者の男性は、肺炎などの治療のため17年11月に「寝屋川生野病院」に入院。

食事をするのが困難なため、外部から栄養を補給するためのカテーテルを静脈に挿入する手術をされました。

カテーテルの内側には目標地点まで誘導するためのワイヤがあり、手術後に抜き取る必要がありましたが、ワイヤを抜き忘れて静脈内にカテーテルとともに残されていたそうです。

その後、18年1月末に大阪市都島区の「明生病院」に転院すると、

2月にカテーテルを抜き取った際、容体が急変して死亡されました。

まとめ

今回は、ワイヤを抜き忘れて男性を死亡させた大阪府寝屋川市の病院はどこなのかお伝えしました。

寝屋川生野病院との噂がありましたが、

一方でフェイクニュースと言っている方もいたので真相は不明でしたね。

なので、今後もこのニュースの動向には注目していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください