【娘に性的暴行】父親の判決を下した裁判官は誰?無罪になった理由とは?

2019年4月8日、驚くべきニュースが飛び込んできました。

その内容は、父親が実の娘に性的暴行した事件の裁判で、無罪判決が下されたというもの。

そこで今回は、その判決を下した裁判官は誰なのかお伝えします!

また、なぜ父親が無罪になったのか、その理由についてもお伝えします。

【娘に性的暴行】父親の判決を下した裁判官は誰?

娘と性交した父親の裁判で無罪判決が言い渡されました。判決では「娘は抵抗可能な状態だった」とされていますが、その判断の理由とは。

 共同通信によりますと、父親である男性は実の娘が19歳の時に勤務先の会社やホテルで抵抗できない状態に乗じ、娘と性交したとして準強制性交の罪に問われて懲役10年を求刑されていました。検察側は「中学2年生のころから性的虐待を受け続け、専門学校の学費を負担させていた負い目から心理的に抵抗できない状態にあった」と主張。

弁護側は「同意があり、抵抗可能だった」と反論。名古屋地裁岡崎支部は、同意については「性交は意に反するもので、抵抗する意志や意欲を奪われた状態だった」と娘の同意はなかったと認定しました。
 
しかし、抵抗できる状態であったかについては「以前に性交を拒んだ際に受けた暴力は恐怖心を抱くようなものではなく、暴力を恐れて拒めなかったとは認められない」と指摘。抵抗を続けて拒んだり、弟らの協力で回避したりした経験もあったとして、「従わざるを得ないような強い支配、従属関係にあったとまでは言い難い」と判断。「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」として、無罪判決を言い渡しました。

引用:テレ朝NEWS

ちょっと信じがたい事件ですよね。

裁判官は誰?

そこで気になるのが、この判決を下した裁判官が誰なのかですよね?

調べてみると、

この裁判は、名古屋地裁岡崎支部で行われていることが分かりました。

なので、

名古屋地裁岡崎支部で裁判を行ったことがある裁判官

と考えられます。

無罪になった理由とは?

そして次に気になるのが、なぜ父親が無罪になったのかですよね?

これも調べてみると、

抵抗を続けて拒んだり、弟らの協力で回避したりした経験もあったとし、「従わざるを得ないような強い支配、従属関係にあったとまでは言い難い」と判断した上で、「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」と無罪判決を下した。

と分かりました。

これを簡単にまとめると、

今までも抵抗して免れることができたのだから、このときも免れることができるでしょ?

と言っているようなものだと思われます。

ネットの声

まとめ

今回は、娘に性的暴行した父親の事件の裁判官は誰なのかお伝えしました。

おそらく名古屋地裁岡崎支部に関係する方だと思われます。

また、父親が無罪になった理由についてもお伝えしました。

理由は納得できるものではなかったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください