【池袋事故】現場の場所はどこ?被害状況や原因はプリウスにあった?

2019年4月19日午後12時ごろ、東京・池袋の路上で、10人を巻き込む衝突事故が発生しました。

そこで今回は、池袋事故現場の場所はどこなのかお伝えします!

また、被害状況事故の原因はプリウスにあったのかなどもお伝えします。

【池袋事故】現場の場所はどこ?被害状況や原因はプリウスにあった?

現場の場所はどこ?

事故の場所は、東京都豊島区東池袋4丁目路上のサンシャイン近くの東池袋交差点付近だと判明しました!

JR池袋駅から1kmほど離れた、東京メトロ東池袋駅の近くの横断歩道で、普段は人通りが多いところのようです。

被害状況

事故があったのは、19日12時30分ごろ。

走行中のゴミ収集車乗用車が衝突し、横断歩道を渡っていた歩行者をはねました。

この事故で、けが人は10人にものぼっているとのことです。

うち、20代の女性と2歳の子どもの2人が心肺停止の重体、70代の男性と80代の女性が重症

【追記】

東京・池袋で19日午後、乗用車とごみ収集車が衝突して歩行者が巻き込まれた事故で、意識不明の重体だった30代の女性と女児が死亡した。

引用:毎日新聞

今回の事故は非常に大きな事故とあって、現場は騒然としています!

事故の原因はプリウスにあった?

目白署によると、乗用車は80代の男性が運転していた。1カ所目の横断歩道で1人をはねた後、約70メートル離れた別の交差点の横断歩道で9人をはねたという。男性も負傷した。乗用車は2カ所目の現場でごみ収集車と衝突し、ごみ収集車は横転した。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASM4M46VCM4MUTIL014.html

乗用車は80代の男性が運転しており、暴走した可能性が高いとみて調べられています。

ネット上では、この暴走した原因について以下のように語られていました↓

どうしても、高齢の方はマニュアル車になじみがあったりするので、ややこしい設計は避けてもらいたいですね。

まとめ

今回は、池袋事故の現場の場所はどこなのかお伝えしました。

東京都豊島区東池袋4丁目路上のサンシャイン近くの交差点でしたね。

また、現場の状況や事故の原因はプリウスなのかについてもお伝えしました。

少なくともプリウスの設計には問題点がありそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください