【保育士骨折】千葉県の公園はどこ?現場の状況や事故の原因は?

2019年5月15日、千葉県の公園に乗用車が突っ込み、保育園児を連れていた保育士の女性が右足を骨折する事故が発生しました。

そこで今回は、保育士骨折の事故が起こった千葉県の公園はどこなのかお伝えします!

また、現場の状況や事故の原因についてもまとめていきます。

【保育士骨折】千葉県の公園はどこ?現場の状況や事故の原因は?

千葉県警によると、15日午前10時25分ごろ、同県市原市の公園で、遊んでいた保育園児らの近くに乗用車が突っ込み、かばおうとした女性保育士が右足を骨折した。園児は車と接触していないとみられ、けがの有無などを調べる。

引用:KYODO

千葉県の公園はどこ?

ここで気になるのが、事故が起きた現場の場所だと思います。

そこで調べてみると、

千葉県市原市五井中央西にある『梨の木公園』と判明しました!

場所は、〒290-0081 千葉県市原市五井中央西2丁目6

現場の状況や事故の原因は?

千葉県市原市の公園の砂場に乗用車が突っ込む事故が発生したのですが、

警察によりますと、当時、砂場には保育園児5人と引率の女性保育士2人がいて、園児をかばった30代くらいの女性保育士右足を骨折する重傷だということです。

また、近所の女性によると、

「ババーンと事故をしたなという音がした。子どもたちはぼう然としていました。先生がこっちにいらっしゃいと脇の方にやってましたね」と当時の様子を語られました。

そして、事故の原因についてですが、

車を運転していた市原市の自称・無職、泉水卓容疑者は容疑を認めていて、「駐車場を出る時に急発進した」と供述しているということです。

しかし、まだ警察が詳しく事故の原因について調べているところなので、ハッキリとした原因が分かり次第追記します!

まとめ

今回は、千葉県市原市で起きた事故についてまとめていきました。

場所は、千葉県市原市五井中央西にある「梨の木公園」でしたね。

また、事故の原因は現在調査中とのことですが、早く原因を見つけてもらって二度と起きないように対策してもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください