【発砲事件】男性が撃たれた場所は兵庫・尼崎市のどこ?【現場画像】

27日午後5時10分ごろ、兵庫県尼崎市神田南通の路上で、「男性が銃で撃たれ倒れている。数発(発砲の)音が聞こえた」と通行人の女性から119番がありました。

そこで今回は、発砲事件が起きた場所は兵庫・尼崎市のどこなのか?

現場画像とともにお伝えします!

神戸山口組幹部撃たれ意識不明 兵庫・尼崎

27日午後5時頃、兵庫県尼崎市の路上で「入れ墨の入った男性が銃で腕などを撃たれて意識がない」と通行人の女性から消防に通報がありました。

消防によると、60代前後の男性1人が腕など複数箇所を撃たれており、男性は病院に搬送されたが、意識不明の重体

撃たれた男性は神戸山口組の幹部との情報もあり、警察が調べを進めているそうです。

また、容疑者は京都方面に逃走したが、先ほど名神高速京都南インター近くで男1人の身柄が確保されました。

現場画像&動画

【発砲事件】男性が撃たれた場所は兵庫・尼崎市のどこ?

そんな発砲事件が兵庫県尼崎市のどこの場所でおきたのか気になる方も多いと思います。

そこで調べてみると、以下のようなツイートがありました↓

    兵庫県尼崎市神田南通1丁目33番付近路上

現場は阪神尼崎駅から西へ約500メートルの繁華街だそうです。

ネットの反応

1 Comment

一般人の被害者です。古川組の沖縄出身の組員に半殺しにされました。

殺されて当然です。全員殺されろ古川組!!

私は古川組の、組員に半殺しにされました。
私からは一切手をだしていません。
しかし、目撃者が日蓮正宗の創価学会の信者達ばかりで証言を偽装して口裏を合わせて不起訴にしました。
裁判所も公明党からの圧力なのか忖度なのか事件は揉み消されました。

加害者の男は日蓮正宗創価学会に頼まれたのか。古川組の組員です。ふれあい警備がどのこうのとか、森がどうのこうの。そして、しつこく博打を強要してきました。断るとビンタされました。
創価学会の入信を断ったり。選挙を断ったりしたからか殺されかけました。

尼崎市は創価学会王国の首都です。こんな人間ばかりです。隣も創価学会、前も創価学会、上も下も創価学会です。

創価学会=古川組です。

俺達創価学会やねん、俺達のバックには古川組がついてるねん。ただで飯食わせろやのませやと脅迫してきます。

尼崎市は創価学会王国。犯罪者が創価学会信者なら。公明党からの圧力と裁判所の忖度で検察官は不起訴にします。

これが尼崎市です。犯罪都市尼崎市はゴッサムシテイ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください