【台風19号】長野県の千曲川決壊!最新の現場画像や被害状況!【動画】

台風19号の上陸により、長野市穂保地区では、千曲川の堤防が決壊し、広範囲で住宅に濁流が流れ込んでいます。

そこで今回は、最新の現場画像や被害状況を動画とともにお伝えしていきます!

【台風19号】長野県の千曲川決壊!最新の現場画像や被害状況!【動画】

13日午前6時36分、長野県千曲市

国土交通省北陸地方整備局によると、13日午前2時15分ごろ、千曲川の水位が上がり、堤防が崩れ始め、朝方にかけて、堤防が決壊

その影響により、長野市穂保地区では、千曲川の堤防が決壊し、広範囲で住宅に濁流が流れ込んでいます。

また、1階が浸水している家も多く、住民たちは2階のベランダや屋根に上がり、助けを求めている映像も多くありました。

決壊箇所が大きいことから、さらに被害が広がる恐れが高いとのことです。

現場画像&動画

北陸新幹線の長野新幹線車両センターが完全に水没するなど、多くの被害をもたらしています。

被害状況

台風19号による大雨で、国土交通省北陸地方整備局は、長野市穂保の千曲川の堤防の一部が「決壊した模様だ」と13日午前6時に発表しました。

そのため長野市は、堤防が決壊するおそれもあるとして、近くにある長沼地区豊野地区朝陽地区柳原地区の千曲川の近くに住む人たちに命を守る最善の行動を取るよう呼びかけています。

また、国と長野地方気象台によりますと、長野県を流れる千曲川では、上田市国分と、千曲市雨宮、いずれも長野市の、篠ノ井横田と篠ノ井小森、それに穂保、須坂市北相之島と、小布施町の飯田と山王島、それに中野市の立ヶ花と栗林で水が堤防を越えてあふれ出し氾濫が発生したと発表しています。

千曲川決壊にネット上の声

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください