【世紀の大誤審】浦和vs湘南の主審や副審は誰?実際の動画アリ!

2019年5月17日、埼玉スタジアム2002で明治安田生命J1リーグ第12節「浦和レッズVS湘南ベルマーレ」の試合が行われたのですが、

その試合でなんと世紀の大誤審が起きました。

そこで今回は、世紀の大誤審を起こした主審副審なのかお伝えします!

また、実際の動画も見ていきたいと思います。

【世紀の大誤審】浦和vs湘南の主審や副審は誰?実際の動画アリ!

湘南・杉岡の明らかなゴールが、ゴールと認められない「誤審」が起きた。2点を追う前半31分。杉岡はペナルティーエリア前でパスを受け、左足でシュートを放った。ボールは右ポストをたたいて、左サイドネットを揺らした。浦和のGK西川もゴールと思ったのか、入ったボールを拾ってセンターサークルに送った。だが、山本雄大主審ゴールの判定を下さず、試合は続行。浦和が湘南のゴール前に迫った。

 Jリーグの村井満チェアマン、日本代表の森保一監督が視察するなかで起きた「世紀の大誤審」ともいえる判定に、湘南のチョウ貴裁監督や選手らは猛抗議。試合が約7分止まる事態になり、前半終了後も怒りが止まらなかった。

引用:毎日新聞

では、実際の試合の動画を見ていきましょう!

※問題のシーンは1:10~

どうですか?

衝撃ですよね!

この判定には、現役選手からも様々な声が続出しました。

・三竿健斗(鹿島)
「笑いをこらえきれないくらいひどすぎる。。。」

・田中順也(神戸)
「どうみてもゴールじゃん こういうの減らそうよ」

・堀米悠斗(新潟)
「大誤審すぎる。。」

・三竿雄斗(大分)
「ちなみに私はゴールラインテクノロジーには賛成ですが、VARは反対派です」
「でも湘南が勝ったことによっていつものようにうやむやにして終わらせるのはなしでお願いします!^ ^」

・馬場賢治(大分)
「浦和vs湘南 人間だからミスは絶対あると思う。それも理解してる。ありえない誤審された経験もある。でもこれはちょっとありえない。みんな1試合に人生かけて戦ってる。大事な大事なチャンスにかけてる。誤審でしたじゃすまされないよこれは」

「個人的にはVAR導入はやっぱり賛否両論あると思うけど、ゴールラインテクノロジーはすぐにでも導入してほしいと思う」

・成岡翔(藤枝)
「審判にはあまり文句を言わないほうです。審判も人間。ミスであったり見えなかった、判断を間違えることだってある。選手も命かけて生活かけて死にものぐるいでプレーする。勝利のために。もちろんチームもサポーターも。やるせないなー。んー」

「試合が終わった。湘南の選手に感動しました。素晴らしい。選手の立場からするとやはりこの誤審はダメ。許せない。でも湘南の戦いがこのモヤモヤを晴らしてくれた。湘南のみなさん、サッカーの素晴らしさを感じさせてくれてありがとうございます」

・菊池大介(柏)
「審判の信じられないジャッジはあったけど、めちゃくちゃいい試合だった。お世話になった両チームに刺激もらった」

・渡邉千真(G大阪)
「これでノーゴールの判定はありえない」

浦和vs湘南の主審や副審は誰?

では、この衝撃ともいえる判定を下した主審と副審は誰なのか?

調べてみました。

すると、以下の4名と判明しました!

主審 山本雄大

  • 名前   山本雄大(やまもとゆうだい)
  • 生年月日 1983年3月4日
  • 出身地  京都府相楽郡木津町(現:木津川市)
経歴
京都府立城陽高等学校時代には国体に出場。
高校卒業後は自衛隊に入隊。
自衛隊脱隊後、2007年にJFAレフェリーカレッジへ4期生として入学。同カレッジでは、通常2年目に1級昇格審査を受けるが、実力が認められ1年目での受験となり、合格。
2009年よりJ2主審として登録。
2010年J1主審に昇格。

副審 中野卓

  • 名前   中野卓 (なかのたく)
  • 生年月日 1974年6月3日
  • 出生地  大阪府

副審 川崎秋仁

  • 名前   川崎秋仁(かわさきあきひと)
  • 生年月日 1977年10月18日
  • 出身地  兵庫県

第4審 熊谷幸剛

  • 名前   熊谷幸剛 (くまがいゆきたか)
  • 生年月日 1987年9月26日
  • 出生地  新潟県

物議を醸す今回の判定。Jリーグでは今季よりルヴァンカップなどの一部試合に、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の導入が決まっていますが、リーグ戦への早期導入ならびに、ゴールラインテクノロジー(GLT)の導入が必要そうですね。

こんな記事も読まれています!

川栄李奈の子供の名前や性別は?出産予定日や復帰時期はいつになる?

まとめ

今回は、世紀の大誤審となった浦和vs湘南の試合についてまとめていきました。

実際のシーンを見ましたが、驚愕でしたね。笑

しかし、主審や副審も人間なのでしょうがないとも言えるかもしれません。

今後は最新テクノロジーに頼っていきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください