【箱根駅伝】青山学院5区・竹石尚人の大ブレーキの原因は?SNSの反応

2019年1月2日、「第95回 箱根駅伝 往路」が放送されました。

今年は5連覇のかかった青山学院大学に注目があびていましたが、

結果はなんと6位…でした。

なので、今回は青山学院5区・竹石尚人さんが大ブレーキとなってしまった原因についてまとめていきます。

また、それに対するSNSの反応も見ていきたいと思います!

【箱根駅伝】青山学院5区・竹石尚人の大ブレーキの原因は?

1月2日に箱根駅伝が放送されました。

しかし、前評判の高かった青山学院大学が優勝するかと思われた今年の箱根駅伝に波乱が起きたのです。

5区を任された竹石尚人選手がまさかの大ブレーキ

さすがの原監督もこれは想定外だったと思います。

そこで大ブレーキとなった原因を考えてみました。

  • 体調が良くなかった
  • 調整不足
  • プレッシャーが大きすぎた
  • 体の異変
  • 靴擦れ

かなと思います。

それにしても心配ですね…

SNSの反応は?

ここからはSNSの反応を見ていきましょう!

やはり「想定外!」といった声が多いですね。

あと、竹石選手を心配する声も結構ありますね。

まとめ

今回は、箱根駅伝で優勝候補の青山学院が5区の竹石選手で大ブレーキになった原因についてまとめていきました。

また、それに対するSNSの反応も見ていきました。

やはり5連覇ともなると、選手に相当プレッシャーがかかると思うので、

精神的にもつらくなると思います。

竹石選手の本当のブレーキ原因は分かりませんが、しっかり休んでほしいです!

復路での青山学院大学の巻き返しに期待したいですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください