すしざんまいが3.3億円で落札したマグロ1皿の値段は?メリットは広告宣伝費?

2019年1月5日、東京・豊洲市場で移転後初となる「初競り」が行われ、

すしざんまい社長が青森県大間産クロマグロ(278kg)を3億3360万円の最高額で落札されました。

今回は、そんな3.3億円で落札されたマグロ1皿の値段がいくらするのか調べてみました。

また、毎年高額で落札する背景には広告宣伝費が関係しているのかについてもお伝えします!

すしざんまいが3.3億円で落札したマグロ1皿の値段は?

毎年、高額で落札されることで有名な初競り

2019年もやはり高額の3.3億円で落札されました。

そんなクロマグロ1皿あたりの値段が気になる人も多いのではないでしょうか?

そこで調べてみると、

いつも通りの値段で提供されるとのことでした!

  • 大トロ 1皿 429円
  • 中トロ 1皿 321円
  • 赤身  1皿 170円

なんでも、

「お客様に同じ価格で良いマグロを食べて頂きたい。」

という社長の思いから、値段は変えないそうです!

すごいですよね~

ボクが社長だったら多分上げると思います。笑

高額でマグロを落札するメリットは広告宣伝費?

毎年、マグロの初競りで取り上げられるのが落札価格ですよね?

今年も、これまでの最高額1億5540万円を2億円上回る値段で落札され話題になりました!

でも、一般人のボクたちから見たらマグロを高額で落札するメリットが分かりませんよね?

そこで、なぜ初競りが高額で落札されるのかお伝えします!

初競りを落札するメリット

初競りを落札するメリットは、広告宣伝費効果にあります!

簡単な流れを説明すると、

初競りのマグロを高額で落札
   ↓
ニュースになる
   ↓
ネットで話題になる
   ↓
会社が有名になる
   ↓
初物で良いマグロを食べたい人が殺到する

こんな感じです。

この流れができることによって、落札価格よりも売上が高くなるのです!

あと、他にも有名になることでお客様が増えるというメリットもあります。

まとめ

今回は、すしざんまいが3.3億円で落札したマグロ1皿の値段についてまとめていきました。

また、初競りを高額で落札するメリットは広告宣伝費なのかについてもお伝えしました。

どんなに高額で落札しても、マグロ1皿の値段はそのままというのは驚きですよね!

でも、広告宣伝費の話を聞くと納得できる部分もあります。

来年は、初競りをどこが落札するのかにも注目したいですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください