宮脇咲良が韓国でレギュラー番組が決まった本当の理由!実際の映像アリ

2019年2月6日に日本デビューを果たした日韓合同ガールズグループIZ*ONE(アイズワン)。

そのメンバーの一人である宮脇咲良さんが韓国でレギュラー番組を持ったと話題になっています!

今回は、そんな宮脇咲良さんが韓国でレギュラー番組が決まった本当の理由についてまとめていきたいと思います。

また、実際の映像もあわせてご覧ください!!

宮脇咲良が韓国でレギュラー番組が決まった本当の理由!

日本で8年以上アイドル活動をしていた宮脇咲良さんが、韓国で初レギュラー番組を持ったと話題になっています!

その番組名は『みんなのキッチン

初回放送が2019年2月24日、午後7時40分に放送されました。

この番組は、ソーシャルダイニングというコンセプトのもと出演者たちが料理をつくりながらコミュニケーションをとるバラエティ番組だそうです。

でも、なぜ日本人の宮脇咲良さんが出演することになったのか気になりますよね?

そこで調べてみると、

この番組は初対面の人々と共に料理し、料理を食べてコミュニケーションし、仲良くなるという設定のもと、

韓国では知らない人がいないほどの人気者である司会者カン・ホドンさんを全く知らない人を出演者として呼びたかったことが分かりました。

カン・ホドン

その為、韓国のグラミー賞と評される「ソウル・ミュージックアワード」で新人賞を受賞するなど、韓国でも高い人気を誇るガールズグループIZ*ONEのメンバーであり、日本人でもある宮脇咲良さんに出演の声がかかったそうです!

宮脇咲良が悩みながら出演を決めた理由

そんな宮脇咲良さんは韓国語があまり得意ではなかったので、『みんなのキッチン』への出演を悩まれました。

そんな中、当番組の司会を務めるカン・ホドンさんが「何を悩んでるんだ。良いと思ったなら信じればいいし、自分が通訳アプリでも使いながら進行する。」と宮脇咲良さんに話したそうです。

このカン・ホドンさんの一言が宮脇咲良さんの背中を押したとされています!

カン・ホドンさんといえば韓国では新人が来ても容赦ないことで有名な人なので、宮脇咲良さんに掛けられた優しい言葉に驚いた人も多いのではないでしょうか?

それほど宮脇咲良さんに期待する気持ちが強かったのかもしれませんね!

『みんなのキッチン』の実際の映像

実は、宮脇咲良さんは2018年12月に放送された『みんなのキッチン』パイロット版に出演されていました。

その実際の映像がこちらです↓

司会者カン・ホドンさんとのやり取りの場面ですね。

どうですか?

韓国語が上手く話せないと言われていましたが、結構普通に話せていますよね?

宮脇咲良さんは努力家でも有名なので、相当勉強されたかもしれませんね!

まとめ

今回は、宮脇咲良さんが韓国でレギュラー番組が決まった本当の理由についてまとめていきました。

司会者のカン・ホドンさんが韓国では有名すぎたので、宮脇咲良さんに声が掛かったとは驚きましたね!

また、『みんなのキッチン』の実際の映像も見ましたが、2人のやり取りが可愛かったですね!

そんな宮脇咲良さんが今後も活躍されることを期待したいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください