映画『人間失格』あらすじ・ネタバレ感想!沢尻エリカの体当たり演技は?

2019年9月13日に公開された映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』

今回は、そんな映画『人間失格』のあらすじやネタバレ感想をまとめていきます!

果たして沢尻エリカさんや、二階堂ふみさんの体当たり演技はあったのでしょうか?

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』作品情報

 

作品名 人間失格 太宰治と3人の女たち
公開日 2019年9月13日
上映時間 120分
監督 蜷川実花
脚本 早船歌江子
出演者 小栗旬
宮沢りえ
沢尻エリカ
二階堂ふみ
成田凌
千葉雄大
瀬戸康史
高良健吾
藤原竜也
音楽 三宅純
主題歌 東京スカパラダイスオーケストラ
「カナリヤ鳴く空 feat.チバユウスケ」

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』あらすじ

    天才作家、太宰治。
    身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返すー。
    その破天荒な生き方で文壇から疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた。

    太宰は、作家志望の静子の文才に惚れこんで激しく愛し合い、同時に未亡人の富栄にも救いを求めていく。
    ふたりの愛人に子どもがほしいと言われるイカれた日々の中で、それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、遂に自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかるのだが・・・

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』みどころ

    本作では、かつてない太宰像を作り上げた小栗旬のほか、太宰の正妻・美知子役に宮沢りえ、作家志望の愛人・静子役に沢尻エリカ、最後の女・富栄役には二階堂ふみがそれぞれ扮し、艶やかな恋愛模様を映像に焼き付けている。

    そんな太宰に振り回されているように見えながらも、まったくタイプの異なる彼女たち3人が、自身の強固な意志に従って逞しく生きる姿が本作の大きな見どころだ。

    そして、成田凌、千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾、藤原ら豪華な俳優陣も集結。
    彼らが太宰と女性たちのスキャンダラスな関係を、よりいっそう盛り上げる。

    そして藤原といえば、小栗とは旧知の間柄として広く知られているだろう。
    彼もまた、文豪のひとりである坂口安吾を演じており、盟友にして若き名優のふたりによる演技対決も、本作が放つ大きな魅力となっている。

【ネタバレあり】映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の感想レビュー

まとめ

今回は、映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』のあらすじや、ネタバレ感想をお伝えしていきました。

公開前は沢尻エリカさんの体当たり演技が話題になっていましたが、実際は二階堂ふみさんの方が体当たり演技をしていましたね。

今後、まだまだ感想が出てくると思うので、他の方の意見も随時追記していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください