福田こうへいの病気「急性胃粘膜病変」とは?気になる復帰時期は?

2018年11月26日に大量吐血で緊急入院していた演歌歌手・福田こうへいさんの病名が発表されました。

その病名は「急性胃粘膜病変にともなう黒色吐物」

あまり聞いたことないですよね?

なので、今回は「急性胃粘膜病変」についてまとめていきたいと思います。

また、気になる福田こうへいさんの復帰時期について、お伝えします!

福田こうへいの病気「急性胃粘膜病変」とは?

演歌歌手の福田こうへいさんが23日、福島で公演を行っていましたが、

昼過ぎから体調不良を訴え、アンコールと握手会、夜の公演を中止され、病院に救急搬送されました。

そして、3日後の26日に病名「急性胃粘膜病変にともなう黒色吐物」と発表。

急性胃粘膜病変ってどんな病気?

以前は、急性胃炎と急性胃潰瘍と区別していましたが、
近年は、これらを一括して「急性胃粘膜病変」と呼んでいるそうです!

急性胃炎とは、突発的に胃の粘膜が赤くなったり、ただれたりなどの変化が生じること。

急性胃潰瘍とは、突発的に胃の粘膜にあながあくことです。

胃にあながあくと想像しただけで痛くなってきますよね…笑

急性胃粘膜病変の症状とは?

急性胃粘膜病変の症状は突発的に起こり、
その多くが、上腹部の痛みで
その他には、吐き気や嘔吐、お腹が張る感じの症状が出るそうです。

さらに、吐血や下血による出血多量での貧血の症状もあるそうです。

症状が出るまで分からない病気なので、怖いですよね…

急性胃粘膜病変の原因とは?

急性胃粘膜病変には、多くの原因が考えられますが、

主に、

  • 精神的・肉体的ストレス
  • アルコールやコーヒー、香辛料などの摂取
  • 激辛食品やニンニクなどの刺激強めの食事
  • 細菌・寄生虫などによる感染
  • 放射線治療や胃カメラなどの体に負担がかかる医療行為

だそうです。

なので、普段からストレスは溜めないようにしたいですね!
難しいですが…笑

急性胃粘膜病変の治療は?

急性胃粘膜病変の治療方法は、原因を除去するところから始まります。

その後、薬物療法・食事療法に移っていきます。

薬物療法では、胃酸の分泌を抑えるための薬や胃の粘膜を保護する薬などを用います。

食事療法では、脂質・糖質の多いものや刺激物、アルコールの摂取を控えるようにします。

また、たくさんの量を食べ過ぎないように心がけることも大事です!

福田こうへいの気になる復帰時期は?

急性胃粘膜病変という病気は、
多くの場合、入院は必要とせず通院で治療できるそうです。

福田こうへいさんも26日からの10日間を治療期間とされているので、復帰されるのは早いかもしれませんね!

ボクの予想では、12月の中旬くらいかなと思います。

ちなみに、27日、28日に予定されていた九州公演は中止を発表されています。

楽しみにしていたファンの方にとったら悲しいお知らせですが、焦らず治療していただいて

また、元気な姿をステージで見せてほしいですね!

まとめ

今回は、演歌歌手・福田こうへいさんの病気「急性胃粘膜病変」についてまとめていきました。

また、気になる復帰時期についてお伝えしました。

突然のことでびっくりしましたが、大事に至らずに済んでホッとしましたね!

もしかしたら疲れが溜まっていたのかもしれません。

なので、ゆっくり休んで、また元気な姿を見せてほしいですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください