『麒麟がくる』ロケ地&撮影場所まとめ!岩手の歴史公園や栃木の広場など

2020年1月19日、明智光秀を題材としたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送がスタートします。

そこで今回は、麒麟がくるの舞台となったロケ地や撮影場所についてまとめていきます!

『麒麟がくる』のロケ地&撮影場所まとめ!

3年ぶりに戦国を舞台にした大河ドラマ「麒麟がくる」が、2020年1月19日よりスタートします!

同ドラマは、本能寺の変を起こした明智光秀(長谷川)を通して描かれる戦国絵巻。

仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか。戦国初期、群雄割拠の戦乱を生きる、各地の英雄たちを最新の研究による新しい解釈も取り入れながら描かれていきます。

では、そんな大河ドラマ「麒麟がくる」のロケ地・撮影場所はどこだったのでしょうか?

ロケ地➀ ワープステーション江戸(茨城県つくばみらい市)

まず最初に紹介するロケ地は、茨城県つくばみらい市にあるワープステーション江戸

「いだてん」や「義経」「利家とまつ」など、多くの大河ドラマや時代劇の撮影に使用されています。

場内にはオープンセットが建ち並び、戦国・江戸時代中心の中近世エリアと、明治から昭和の街並みを表現した近現代エリアがあります。

そのなかでも、今回は江戸の家並みを表現した江戸の町ゾーンやオープンセット、江戸城下を再現した江戸城ゾーンなどがロケに使用されたのではないでしょうか。

ちなみに、この場所では2019年9月2日~5日、10月13日~24日の間で撮影が行われ、主に京の町や稲葉山城(現・岐阜城)の城下町などが賑わう様子や、合戦のシーンなどが撮影されたとのことです。

場所

施設概要

住所 茨城県つくばみらい市南太田1176
営業時間 9時30分〜16時(最終受付は15時30分まで)
定休日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)

ロケ地➁ 歴史公園 えさし藤原の郷(岩手県奥州市)

続いて紹介するロケ地は、岩手県奥州市にあるえさし藤原の郷

大河ドラマのロケは2017年の「おんな城主 直虎」以来で、これまでも戦国時代を描いた作品が多く撮影されています。

場内は平安時代をイメージしたテーマパークとなっており、古代から中世にかけての東北の歴史文化を体感できる場所となっています。

ちなみに、この場所では2019年9月17日~10月3日まで撮影が行われ、地元市民約400人がエキストラとして参加したそうです。

場所

施設概要

住所 岩手県奥州市江刺岩谷堂小名丸86−1
営業時間 9時30分〜17時
※冬期間11月1日~2月末日までは16:00閉園
※入園は閉園の1時間前まで
定休日 年中無休

ロケ地➂ 嘉陽が丘ふれあい広場(栃木県壬生町)

続いて紹介するロケ地は、栃木県壬生町にある嘉陽が丘ふれあい広場

以前中学校だった場所を活用した自然の中で野外活動・スポーツ・宿泊などの活動ができる施設です。

こちらのロケ地は地元民の情報により判明しました。

場所

住所 栃木県下都賀郡壬生町大字上稲葉1056-8
営業時間 08:30~17:00
定休日 月曜日、年末年始(12月28日~1月4日)
※定休日が祝日の場合は営業
※祝日営業の場合は翌日休み

この他にも様々な場所がロケ地に!

ここからは詳細な場所までは分かりませんでしたが、ロケ地として使用された地域を紹介していきます

ロケ地➃ 滋賀県長浜市

滋賀県長浜市の公式ツイッターでロケ地となっていたことを明かされていました。

ロケ地➄ 山梨県北杜市

山梨県北杜市の公式ツイッターでロケ地となっていたことを明かされていました。

ロケ地➅ 岐阜県岐阜市

地元民の情報により、岐阜県岐阜市で撮影されたことが分かりました。

ロケ地➆ 長野県富士見町、茅野市

長野県諏訪エリアのロケ地を紹介しているツイッターアカウントより、撮影場所となっていたことを明かされていました。

また、こちらはロケ地となった詳細な場所まで記載されていました。

ロケ地詳細

  • 茅野市大日影区の田園(10話.12話)
  • 富士見町の釜無川(2話)、林道(9話)、棒道(11話)、防火帯(11話)

ロケ地➇ 茨城県北

茨城県の公式ツイッターより、茨城県北部で「麒麟がくる」のエキストラ募集が行われていました。

茨城県の北部というと、以下の市町が該当します。

  • 日立市
  • 常陸太田市
  • 高萩市
  • 北茨城市
  • 大子町
  • 常陸大宮市

ロケ地➈ 茨城県央

茨城県の公式ツイッターより、茨城県央でも「麒麟がくる」のエキストラ募集が行われていました。

茨城県央というと、以下の市町村が該当します。

  • 水戸市
  • 小美玉市
  • 笠間市
  • 茨城町
  • 大洗町
  • 城里町
  • ひたちなか市
  • 東海村
  • 那珂郡

※追記

番組内で撮影協力地が紹介されていました。

  • 岐阜県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 岩手県奥州市
  • 茨城県常陸大宮市
  • 栃木県塩谷町
  • 栃木県壬生町
  • 千葉県匝瑳市
  • 林野庁関東森林管理局茨城森林管理署

まとめ

今回はNHK大河ドラマ『麒麟がくる』のロケ地・撮影場所をまとめていきました。

  • ワープステーション江戸(茨城県つくばみらい市)
  • 歴史公園 えさし藤原の郷(岩手県奥州市)
  • 嘉陽が丘ふれあい広場(栃木県壬生町)
  • 滋賀県長浜市
  • 山梨県北杜市
  • 岐阜県岐阜市
  • 長野県富士見町、茅野市

これらの場所以外にも判明したら、随時追記していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください