千田信介の顔画像や経歴は?住所は東京都国立市富士見台と判明!

2020年2月19日、合成麻薬MDMAを譲り渡したとして「CHIDA」名義で活動するDJの千田信介容疑者が逮捕されました。

そこで今回は、千田信介容疑者の顔画像や経歴、住所についてお伝えしていきます!

麻薬譲渡容疑でDJ逮捕

徳島県警阿波吉野川署は19日、徳島市に住む会社員の男性(42)に合成麻薬MDMAを譲り渡したとして、麻薬取締法違反の疑いで、音楽プロデューサー千田信介容疑者(46)を逮捕しました。

千田容疑者は「CHIDA」名義で活動するDJで、「間違いありません」と容疑を認めているそうです。

逮捕容疑は昨年2月上旬、東京都杉並区の知人男性(42)と共謀し、東京都内のクラブで会社員の男性にMDMA数十錠を譲り渡した疑い。

県警は今年1月21日、会社員の男性を、29日には知人の男性を麻薬取締法違反で逮捕し、その後の捜査で千田容疑者が浮上したとのことです。

千田信介の顔画像や経歴は?

そんな千田信介容疑者の顔画像がこちらです。

本名千田信介
生年月日調査中
年齢調査中
職業アナログ・レーベル”ene”主宰、DJ、プロデューサー

1993年よりレコード・レーベルに身を置き、国内と海外のアンダーグラウンド・ダンスミュージック・シーンを繋ぐ活動を続けるキーマンの一人。

ここ数年、海外でのギグも勢力的に行なっており、世界の30都市以上のクラブやフェスティバルにてプレイ。

2015年春には香港、台湾、オーストラリアへ飛んだ他、夏のツアーではベルリン、ストックホルム、リスボン、モスクワ、ミュンヘン他、7都市でのギグを終えて帰国。

2011年、lovefingers主宰ESP InstituteからCOS/MESとのスプリットヴァイナルとしてリリースされた自身の処女作”DANCA”がAndrew Weatherallにヘビープレイされ、2012年に発売されたミックスCD「MASTERPIECE」(Ministry of Sounds)に収録されたのを機に、本格的に制作活動も開始。

2015年、DJ EMMA監修のコンピレーション「ACID CITY 2」にKuniyukiやGonno、Hiroshi Watanabeの楽曲と共に自身名義の新曲が収録。

6周年を迎えたeneからは、自身のRemixが収録されたLast Waltzの12″他、Komodo、Jonathan Kusuma等のEPをリリース予定。

現在、海外アーティストのRemix、オリジナル曲等、多数進行中。

住所は東京都国立市富士見台と判明!

そして報道などによりますと、千田信介容疑者の自宅は『東京都国立市富士見台1丁目』と報じられていました。

ネット上の反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください