毎熊克哉の身長はサバ読みで実際は低い?噂を比較画像で徹底検証!

俳優として活躍している毎熊克哉(まいぐまかつや)さん。

その端正な顔立ちと高い演技力で、多くの人から高い支持を得ています。

しかし、その一方で公表している身長のサバ読み疑惑が浮上しています。

そこで今回は、毎熊克哉さんの身長はサバ読みで実際は低いのか?

比較画像で噂を徹底検証していきたいと思います!

毎熊克哉のプロフィール

芸名 毎熊克哉(まいぐまかつや)
本名 毎熊克也
生年月日 1987年3月28日
出生地 広島県福山市
血液型 A型

経歴

3歳の時に見た映画『E.T.』で映画作りに関心を持ち、高校を卒業したタイミングで映画監督を志して上京。

東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校(現・東京放送芸術&映画・俳優専門学校)の映画監督科コースに進学すると、頭の中で思い描いた芝居が演者になかなか伝わらなかったことで自分でやった方が早いと俳優に興味を抱き、専門学校卒業後に俳優に転身。

その後、演出家のヨリコジュンのもとで芝居を学び、2010年の舞台『TIC-TAC』で初舞台にして初主演を務める。

その一方で、2009年12月には映像製作集団「Engawa Films Project」を林知亜季、柾賢志、佐藤考哲らとともに立ち上げて、ショートショートフィルムフェスティバル2012の上映作品『VOEL』など多数の短編映画を製作する。

そして、専門学校時代の同級生・小路紘史監督の長編デビュー作品『ケンとカズ』で、カトウシンスケとともにダブル主演を務めると、

同作での演技が評価され「第71回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞」、「おおさかシネマフェスティバル2017新人男優賞」、「第31回高崎映画祭最優秀新進男優賞」の各賞を次々に受賞。

その後も、30歳を目前にした「遅咲きの新人」として一躍脚光を浴び、『万引き家族』や『空飛ぶタイヤ』などの話題作に多数出演を果たす。

毎熊克哉の身長はサバ読みで実際は低い?

そんな最近話題の俳優の一人である毎熊克哉さんですが、モデルのように高い身長とスラッとしたスタイルはとても印象的です。

そこで気になるのが毎熊さんの身長ですよね?

公式プロフィールで発表されている身長は180cmです。

日本人男性の平均身長が171cmと言われているので、かなり高いですよね。

そのため、その毎熊さんの高身長に魅了される女性も多いようです!

しかし、その高身長が人気の一方で、毎熊さんの身長にサバ読み疑惑も浮上しているようです。

毎熊克哉の身長を比較画像で徹底検証!

では、そんな毎熊克哉さんの身長を今まで共演してこられた他の俳優さんと比較・検証していきたいと思います。

佐藤健

まずは、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』で共演した俳優の佐藤健さんとの比較です。

佐藤健さんが公表されている身長は170cmなので、 毎熊さんは10cm高いことになります。

その上で画像を確認すると、確かにプロフィール通りといった感じですよね。

中山麻聖、石田法嗣

※真ん中に立っている俳優陣は左から中山麻聖、石田法嗣、毎熊克哉

続いては、2019年に公開された映画『轢き逃げ-最高の最悪な日-』で共演した俳優の中山麻聖さん、石田法嗣さんとの比較です。

一番左に立っている中山麻聖さんが公表されている身長は182cmなので、毎熊さんは2cm低いことになります。

また、中央に立っている石田法嗣さんが公表されている身長は167cmなので、毎熊さんは13cm高いことになります。

その上で画像を確認すると、こちらもプロフィール通りの身長差なのかなと思います。

細田善彦

最後に、「アラサー俳優のリアル」というインタビューで共演された俳優の細田善彦さんとの比較です。

細田善彦さんが公表されている身長は182cmなので、毎熊さんは2cm低いことになります。

その上で画像を確認すると、プロフィールとは逆に毎熊さんの方が高く見えますよね。

ただ頭の位置を見ると細田さんの方が高いので、髪型のせいで毎熊さんの方が高く見えるのかもしれません。

そのため、噂されている毎熊さんの身長のサバ読み疑惑はデマである可能性が高いです!

まとめ

今回は、毎熊克哉さんの身長はサバ読みで実際は低いのか?

噂を他の俳優さんと比較画像で徹底検証していきました。

毎熊さんが公式で発表している身長は180cmでしたね。

その上で他の俳優さんと比較してみると、確かにプロフィール通りといった感じでした。

そのため、毎熊さんの身長のサバ読み疑惑はデマである可能性が非常に高いと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください