須賀健太の演技力の評価は?子役時代に出演した作品は下手だった?

俳優、タレントとして活躍されている須賀健太さん。

今や映画やドラマ、舞台など様々なところで活躍されていますよね?

今回は、そんな須賀健太さんの演技力の評価についてまとめていきたいと思います!

また、子役時代に出演した作品の演技が下手と話題なので、そのことについてお伝えしていきます。

須賀健太の演技力の評価は?

1999年に子役としてデビュー以降、『ALWAYS 三丁目の夕日』や『喰いタン2』、『ハイキュー!!』など様々な人気作品に出演してこられた須賀健太さん。

2019年の冬ドラマ「イノセンス~冤罪弁護士~」の第6話にゲスト出演されました。

そのなかで須賀健太さんは、公判中も承認を怒鳴りつけるなど手のつけられない”ワル”で社長の息子という難しい役どころを演じられました。

すると、ネットでは須賀健太さんの演技を絶賛する声が多く上がりました!

ネットの声

ここまで人を惹き付ける演技が出来るなんて凄いですね!

須賀健太が子役時代に出演した作品は演技が下手だった?

演技が上手いと話題の須賀健太さんですが、
実は、2015年くらいまでは演技が下手と言われていました。

須賀健太さんが2015年に出演された作品は以下になります↓

学校のカイダン

物語は、一人の底辺女子高生が伝説のスピーチライターに出会ったことをきっかけに学校の頂点へ上りつめていくお話です。

そのなかで須賀健太さんは、副会長・油森哲夫役を演じられました。

でーれーガールズ

この映画は、40代となった女性2人の青春の思い出を介し、1980年と現代の2つの時代における恋と友情を描いた物語です。

そのなかで須賀健太さんは、主演・優希美青さん演じる佐々岡鮎子に惚れる鈴木淳を演じられました。

媚空-ビクウ-

この映画は、闇に落ちた魔戒騎士や魔戒法師を退治する任務を担うヒロイン・媚空が、闇の中での戦いを繰り広げる物語です。

そのなかで須賀健太さんは、闇斬師を目指し、媚空を慕っている代知を演じられました。

こうやって見ると、須賀健太さんはいろいろな作品に出演されていることが分かりますね!

まとめ

今回は、須賀健太さんの演技力の評価についてまとめていきました。

ドラマ「イノセンス~冤罪弁護士~」での演技は大絶賛の嵐でしたね!

また、須賀健太さんが子役時代に出演した作品の演技が下手と話題になっていることについてお伝えしました。

本当に演技が下手だったのかは分かりませんが、現在は演技が大絶賛されているので凄いですよね!

そんな須賀健太さんの今後の活躍にも期待したいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください