ホームアローン3の子役の現在がイケメン!姉役は大物ハリウッド女優!

1990年に作られたコメディ映画『ホーム・アローン』

笑える、アクションコメディ映画として、世界的にも大ヒットシリーズとなりました。

今回は、そんな『ホームアローン3』で主演の子役を務めた、アレックス・D・リンツの現在がイケメンとのことなので、お伝えしていきます!

また、姉役もいまや大物ハリウッド女優らしいので、調査していきます!

ホームアローン3 概要

『ホーム・アローン3』は、1997年に公開されたアメリカのコメディ映画で『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』と同シリーズです。

しかし、ストーリーは前作『ホーム・アローン2』及び前々作『ホーム・アローン』との連続性は全くありません。

あらすじ

    アメリカ国防省のトップ・シークレットを収めたマイクロ・チップが、国際犯罪グループに盗まれてしまう。

    犯罪集団は、空港の警備をくぐり抜けるために盗んだチップを玩具のリモコン・カーの中に隠すが、手違いによりリモコン・カーが入った包みは老夫人ミセス・ヘス(マリアン・セルデス)の手に渡ってしまう。

    ミセス・ヘスは、リモコン・カーを雪かきをしてくれたお礼に8歳の少年アレックス(アレックス・D・リンツ)にプレゼントする。

    ミセス・ヘスの後を追いかけてきた4人組は、彼女の家とリモコン・カーのありかを突き止めるため、アレックスの近所の家を一軒一軒しらみつぶしに探し始める。

    その頃アレックスは、水疱瘡にかかりひとりでお留守番をしていた。

    パパのジャック(ケビン・キルナー)は会社に、兄のスタン(セス・スミス)と姉のモリー(スカーレット・ヨハンソン)は学校へ、ママのカレン(ハヴィランド・モリス)も仕事へ。

    退屈なアレックスは、屋根裏部屋に設置したビデオ・モニターでこっそりご近所を観察する遊びを楽しんでいた。

    すると、近所に怪しい人影を発見!あわてて警察に通報するが110番通報はアレックスの悪戯だと思われ、家族から白い目で見られてしまう。

    さらに、その通報により、4人組にリモコン・カーのありかがアレックスの家だとバレてしまう!はたしてアレックスは,悪者4人をやっつける事が出来るのか?!

ホームアローン3の子役の現在がイケメン!

そんな『ホームアローン3』では、主演の子役が前作『ホーム・アローン2』及び前々作『ホーム・アローン』より交代しています。

『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』の子役

『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』のときに主演の子役を務めたのは、マコーレー・カルキンです。

あのキュートな演技は世界中を虜にしましたよね。

しかし、『ホームアローン3』公開時は15歳だった為、主役の子の8歳には合わないと子役を変更されました。

また、マコーレー・カルキンは、子役時代に父親のキットから身体的・精神的な虐待を受けており、休みもほとんど取らせてもらえなかったそうです。

しかもマネージャーであった父親は、仕事の相手に対して非常識な要求をするようになり、子役の仕事も激減

さらに両親の離婚で、 マコーレー・カルキンが稼いだ約17億円をめぐって泥沼の裁判を起こされました。

結局、裁判所が「マコーレーの稼いだお金は家族ではなくマコーレーの会計士が管理するように」と命じ、父親は財産を放棄。

この出来事で、『ホームアローン3』どころではなくなり、子役が変更されたとも言われています。

『ホームアローン3』の子役

そして、『ホームアローン3』のときに主演の子役を務めたのは、アレックス・D・リンツです。

制作当時は10歳だったそうです。

そんなアレックス・D・リンツの現在(2019年)がこちらです↓

『ホーム・アローン3』以降も、映画やドラマに出演し、1999年公開のアニメ映画『ターザン』では子供の頃のターザンの声を担当されました。

また2001年には、映画『トラブル・キッズ マックス・キーブルの大逆襲』に主演。

17歳の頃

その後も映画やドラマに多数出演されましたが、2007年の映画『Choose Connor』を最後に俳優を引退

その後は、カリフォルニア大学バークレー校に進学し、2011年に卒業されています。

在学中には演劇グループ「jericho!」に参加していたようですが、現在は俳優に復帰はしておらず、一般人として生活しているようです。

ホームアローン3の姉役は大物ハリウッド女優!

また、『ホームアローン3』では、主役アレックスの姉も登場します。

その姉を演じたのが、日本でも有名なスカーレット・ヨハンソン

普段はアレックスを馬鹿にしているものの、根は弟思いな性格。

FBIを相手に啖呵切るという大胆不敵な行動に出て事情を知り、兄と共にアレックスを見直すという役どころを演じられました。

そんなスカーレット・ヨハンソンの現在がこちら↓

8歳の頃から舞台に立ち、10歳のときに「ノース ちいさな旅人」で映画デビュー。

その後、初主演作「のら猫の日記」や「モンタナの風に抱かれて」などで頭角を現し、

第61回ゴールデングローブ賞では、「ロスト・イン・トランスレーション」でミュージカル/コメディ部門、「真珠の耳飾りの少女」でドラマ部門の主演女優賞にダブルノミネートされました。

その後もハリウッド期待の若手女優として、ウッディ・アレン監督の「それでも恋するバルセロナ」などで活躍。

主な出演作品

  • 『ゴーストワールド』
  • 『マッチポイント』
  • 『プレステージ』
  • 『アイアンマン2』
  • 『アベンジャーズ』シリーズ
  • 『her/世界でひとつの彼女』
  • 『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』
  • 『キャプテン・アメリカ』シリーズ
  • 『LUCY/ルーシー』
  • 『マリッジ・ストーリー』

また私生活では、俳優のライアン・レイノルズ、仏ジャーナリストのロメイン・ドーリアックと2度の結婚・離婚を経験されています。

まとめ

今回は、ホームアローン3の子役についてお伝えしていきました。

3で子役を務めたアレックス・D・リンツの現在はイケメンでしたね!

姉役のスカーレット・ヨハンソンも美人ということで、顔面偏差値の高い作品と言えます。

そんなホームアローンシリーズをこれからも楽しみたいですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください