小池都知事の右目の下のテープは外傷が原因か?理由を徹底解説!

2020年5月29日、東京都の小池百合子知事が会見に出席し週明け6月1日より、事業者への休業要請の緩和を示した「ロードマップ」の「ステップ2」に移行すると発表されました。

すると、ネット上では小池都知事の右目の下に貼ってある絆創膏のようなテープに注目が集まりました。

そこで今回は、小池都知事の目の下のテープの理由や原因についてまとめていきたいと思います!

小池都知事の右目の下に絆創膏のようなテープ!

小池都知事は29日、休業要請の緩和を3段階で示すロードマップにおいて、「6月1日0時をもってステップ1からステップ2へ移行することを決定した」と明らかにされました。

これによって学習塾や劇場、映画館、集会・展示施設、商業施設などへの休業要請が緩和されるようです。

しかし、そんな東京都の今後の方針が発表された会見で注目を浴びたのは小池都知事の右目の下に貼ってある絆創膏のようなテープでした。

よく見てもらえればわかりますが、右目の下になにか貼ってありますよね?

これに対しネット上では、以下のような声がありました。

このように「目の下ケガしてる?」「目、どうした」など心配の声が多く飛び交っていました。

小池都知事の右目の下に絆創膏のようなテープの原因は?

右目の下にヨコ約4センチ、縦約3センチの肌色の四角形の絆創膏かテープのようなのようなものを貼って会見にのぞんだ小池都知事ですが、その理由や原因が気になりますよね。

ネット上などでは多くの予想がされていますが、おそらく以下の原因がたかいと考えられます。

コンシーラーとは
化粧品である。目の下のクマや顔のシミを隠す際に用いられる。

一説によると、目の下のくまを隠すためではないかとも言われていますが、その場合だったらコンシーラーを使用すれば良いですよね。

しかし、小池都知事は目立つことを分かったうえで絆創膏のようなテープを貼って会見に臨まれました。

そのためコンシーラーでは隠しきれない傷を負った可能性が高いと考えるのが妥当だと思います。

実際にネット上でも「怪我」と予想する方が多くいました。

一方で、「治療の跡ではないか」との声もありました。

ただ、これらに関してはあくまでも予想に過ぎず、また原因がわかりしだい追記いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください