miwaの歌い方が変わったと話題!変わった理由は事務所の指示?

女優やシンガーソングライターとして活躍されているmiwaさん。

そんなmiwaさんが「Mステ」に出演された際、歌い方が変わったと話題になったので、

今回は、歌い方が変わった理由は事務所の指示なのか?

調査していきます!

miwaの歌い方が変わったと話題!

miwaさんは、シンガーソングライターとして2010年に『don’t cry anymore』でデビューし、これまでに5枚のオリジナルアルバムを制作するなど精力的な活動を続けてこられました。

そして、2019年8月14日にドラマ「凪のお暇」の主題歌として書き下ろされたシングル『リブート』をリリースされました。

内容は20代後半を迎える女性の生き方がテーマで、自身のリアルとも直結する。

楽曲の激しさと共存する大人らしさが聴きどころとなっています。

そんな新曲『リブート』を音楽番組「ミュージックステーション」で披露されました。

すると、ネット上では「miwaの歌い方が変わった」と話題になりました!

その実際の動画こちらです↓

miwaの歌い方が変わった理由は事務所の指示?

そんなmiwaさんは2009年にデビューして以降、たびたび「歌い方が変わった」と言われています。

デビューした2009年~2012年頃までは“力強い歌声”が印象的だったmiwaさんですが、

2013年頃からは“「フワッ」とした裏声(アイドルのような歌い方)”になったと言われています。

では、なぜ歌い方が変わったのか?

一番有力とされてる説が『事務所の指示』です。

「歌い方が変わった」と言われるようになった2013年頃からmiwaさんは世間的にも名が知れ渡り、ドラマやCMなどで楽曲が使用されることが多くなりました。

もちろん歌手としては嬉しいことですが、そうなるとそのドラマやCMの内容に沿うような歌詞を書かざるを得なくなり、昔のように歌うことが出来なくなります。

実際に、2014年にドキュメンタリー番組『情熱大陸』に出演されたときも、歌詞にダメ出しがはいりmiwaさんが考え直す場面がありました。

歌い方が変わった原因がすべて事務所の指示とは思えませんが、少なからず影響していることは間違いなさそうですよね。

しかし、一方で『歌手として成長したから』という意見もあります。

「デビューした当初はガムシャラで一生懸命に歌っていたが、現在はもうすっかり慣れて垢抜けて楽しんでいるようにも見える。」

こういった意見が出ているのも事実なので、一概に『事務所の指示』とは言えないところもあります。

こんな記事も読まれています!

【Mステ】miwaの鼻から鼻血が出たと話題!実は鼻の影だった?

まとめ

今回は、歌手のmiwaさんの歌い方が変わったと話題になったいることについてまとめていきました。

歌い方が変わった理由は『事務所の指示』、もしくは『歌手として成長したから』でしたね。

なにが事実かは不明ですが、miwaさんにはmiwaさんの良さがあるので、これからも変わりなく応援したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください