椎名林檎の声が嫌いな人が続出中!不快な原因は声の出し方や声量か?

刺激的かつ官能的なパフォーマンスとその尖った感性で、男女問わず多くの人を虜にしている椎名林檎さん。

今回は、そんな椎名林檎さんの声が嫌いな人が続出しているので、不快に思う原因は声の出し方や声量なのか?

詳しくお伝えしていきます!

椎名林檎の声が嫌いな人が続出中!

1998年にデビューを果たして以来、唯一無二の存在として活躍を続けるシンガーの椎名林檎さん。

静かな伴奏から少しかすれた歌声で、そのどこか孤独感や空虚感を感じさせるような独特な世界感が受け、今や多くの人の心を掴んでいます!

しかし、一方で「椎名林檎の声が嫌い!」といったような声も相次いでいます!

こちらが、そんな椎名林檎さんの歌声です↓

椎名林檎の声が嫌われる原因は声の出し方や声量か?

では、椎名林檎さんの声が嫌われる原因とは一体何なんでしょうか?

原因➀ クセの強さ

椎名林檎さんは、デビュー当時からひっかけるような独特な歌いまわしをされていたのですが、途中からより癖が強くなったなと言われています。

そのため、以前は好きだったけど、今は嫌いという人も少なくありません!

原因➁ 汚さ

椎名林檎さんは強く喉を潰したような声質をされています。

このことは本人も自覚しているようで、「自分の声は、音楽を作る上で使いにくい素材」や、「親から声が汚いと言われたことがある」、「ギターの音と調和させることでカバーしている」というようなことを、過去のインタビューで何度か話しておられます。

そのため幼少時代は自分の声が嫌いだったらしく、現在も「変な声なのはわかってますけど」と、違和感を感じているそうです。

原因➂ 機械音

椎名林檎さんの超音波みたいなキンキンした声が、周波数が高すぎて耳鳴りを起こしてる錯覚に襲われるから嫌いといったような声が多くありました。

なかには、「情緒不安定になりそう」や「体調が崩れる」など、実生活に影響を及ぼされている方も…

また他にも、耳のあたりで蚊が飛んでいるような感じがして耐えられないなどの声もありました。

原因➃ エロさ

椎名林檎さんが歌う時の息の抜き具合や、語尾で声や息が溢れている様子がエロく感じ、好きな人も多いようです。

しかし、中にはそれが喘ぎ声に聞こえ、不快に思う方がいるのも事実です!

原因➄ あざとさ

Twitterの声にもありますが、「こういう声出せばいいんでしょ?」というような態度が嫌いという方もいました。

これは、椎名林檎さんが普段から言葉遣いなども含め、プロモーション全体が非常にあざといのが関係しているようです。

例えば、2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災者に向けた応援メッセージ。

    災害に遭われたみなさま
    いますぐお力になりたいです。でも叶いません。
    近々笑顔で再会させて戴けることを目指して、こちらも努めて参ります。
    どうか確かに生きてらしてくださいませ。
    案じて居りますし、お気持ちしっかり、よろしくお頼み申し上げます。

    椎名林檎

これに対し、ネット上では「こんなときぐらいストレートな文章を書けないのか」や、「こんなときぐらい普通でいいと思うのだが」、「こんなときぐらいキャラ脱却していいのでは」などの声が相次ぎました。

まとめ

今回は、椎名林檎さんの声が嫌いな人が続出しているので、不快に思う原因は何なのかお伝えしていきました。

主に考えられる原因は以下の5つでしたね↓

  • クセの強さ
  • 汚さ
  • 機械音
  • エロさ
  • あざとさ

しかし、嫌いな理由は人それぞれだと思うので、他の意見があったらぜひコメントしてみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください