増田恵子の現在が痩せすぎで心配?病気が原因だったと噂に!若い頃と画像を比較

2018年12月2日放送の「行列のできる法律相談所」に出演される、ピンク・レディーの増田恵子さん。

番組内で、ハマってる芸人とコラボされるということで話題になっています!

今回は、そんな増田恵子さんの現在が痩せすぎで心配とのことなので、若い頃の画像と比較してみたいと思います。

また、その原因は病気ではないかとの噂があるので、そのことについてもお伝えします!

増田恵子の現在は痩せすぎで心配?

1976年にピンク・レディーとしてデビューし、

デビューシングルの「ペッパー警部」では、売上60万枚を記録。

その後も、「S・O・S」、「カルメン’77」、「渚のシンドバッド」、「UFO」、「サウスポー」など多くのヒット曲を生み出されますが、

1980年、人気低迷にともなってピンク・レディーは解散されます。

しかし、2010年に「解散やめ!」と宣言し、ピンク・レディーとしての活動を再開されます!

そんなピンク・レディーのケイこと増田恵子さんの現在が痩せすぎと話題になっています。

では、現在の増田恵子さんの画像を見ていきましょう!

たしかに、心配になるくらい痩せておられますね。

増田恵子の現在と若い頃を比較!

増田恵子さんの現在は、すごく痩せておられましたね。

では、昔はどうだったのか、若い頃と現在を比べてみましょう!

左が現在で、右が若い頃です。

若い頃から痩せておられますね!

でも、昔の体型は健康的な痩せ方に見えますが、現在は健康的とは言いがたいです…

そこで、過去の病気が関係しているのでは?という噂もあるので調べていきましょう!

増田恵子の痩せすぎは病気が原因だった!?

増田恵子さんが痩せた原因のひとつに過去の病気が関係しているといわれています。

原因➀ バセドウ病

増田恵子さんがバセドウ病を発症したのは、1990年と言われています。

最初は、若年性更年期障害と診断されていたが、
激しい動悸で階段を上がることができなくなるなどの症状が出てきて、「おかしい。」と思った増田さんは再検査されます。

そこでようやく「バセドウ病」が発覚します。

過去には、歌手の絢香さん、元総理の田中角栄さん、水泳の星奈津美さんも発症しておられます。

この病気は、のどにある甲状腺から甲状腺ホルモンが異常分泌され、
常に全力疾走している時と同じくらいのエネルギーを使っているのです。

主な症状は、疲れやすい、動悸がする、異常な発汗、手足がふるえる…

さらに、このバセドウ病は代謝が異常に高くなるため、いくら食べても痩せてしまうのです。

そのため、増田さんもお餅を12個食べても満腹感が得られないほど食欲旺盛だったそうです。

お餅12個って想像しただけでお腹いっぱいになりますよね。笑

増田さんは、その後
投薬などの治療によって病気を改善されます!

しかし、2003年
ピンク・レディー再結成のコンサートで再発

2時間弱のステージを1日2回、全国100ヶ所を巡る公演というハードスケジュールだったため
疲れがたまり、甲状腺が大きく腫れてしまうのです。

さすがにファンの人へ隠しきれなくなった増田さんは2005年、自身のブログでバセドウ病と告白されます。

現在は完治していると思われますが、この病気が原因で痩せられたことは間違いなさそうです。

原因➁ メニエール病

2010年、増田さんはメニエール病を発症されますが、またしても発見が遅れてしまうのです。

20代の頃に突発性難聴になった経験があり、今回も同じ症状だったため約2週間放置。

その結果、メニエール病を発症してしまったのです。

過去には、芸人のハイヒールモモコさん、歌手の八代亜紀さん、日本ハムの栗山監督が発症。

メニエール病は、めまいや吐き気を発作的に繰り返す病気です。

また、耳鳴りや難聴といった症状も出るそうです。

30代~40代に多いこの病気は、ストレスや睡眠不足、過労が原因でなるとされています。

2010年は、ピンク・レディーとして本格的に活動を再開された年ということもあり、ストレスや過労が蓄積されたのかもしれませんね。

このストレスもまた痩せた原因のひとつだと思われます。

まとめ

今回は、増田恵子さんの現在が痩せすぎていて心配?についてまとめていきました。

また、若い頃の画像と比較したり、原因とされる病気についてもお伝えしました。

たしかに、若い頃に比べると痩せておられましたね。

個人的には、もうちょっと太られてもいいのかなと思いますが、健康だったらなんでもいいです!笑

これからの増田恵子さんの活躍に期待したいですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください