【画像】上沼恵美子の若い頃(昔)がかわいい!漫才師時代の動画も!

関西を中心に活躍をされている上沼恵美子さん。

今回は、そんな上沼恵美子さんの若い頃(昔)のかわいい画像を見ていきたいと思います。

また、漫才師時代の動画も合わせてお伝えします!

【画像】上沼恵美子の若い頃(昔)がかわいい!

  • 本名:上沼恵美子
  • 旧姓:橋本
  • 生年月日:1955年4月13日
  • 出身地:兵庫県三原郡

関西を中心に多くのバラエティ番組に出演し、主にトーク番組で司会を務める上沼恵美子さん。

近年では、トーク番組だけではなく料理番組にも出演しており、マルチな才能を発揮されています!

そんな上沼恵美子さんの若い頃(昔)の画像を見ていきましょう。

上沼さんは3人兄妹の末っ子として生まれ、出生時の体重は4200gだったそうです。

また、幼少期から数々のちびっこのど自慢大会に出場し、「のど自慢荒らし」と呼ばれていたそうです。

当時のライバルは天童よしみさんで、毎回天童さんが優勝するため、上沼さんは準優勝とのこと。

今思えば豪華な「のど自慢大会」ですよね。

そんな上沼さんは学生時代、合唱部ではなく、バスケットボール部に所属していたそうです。

上沼恵美子の漫才師時代の動画!

そんな上沼さんは中学校卒業後の1971年、実の姉と漫才コンビ「海原千里・万里」を結成し、デビューを果たされます。

姉妹でのコンビ結成理由は、漫才コンビとしてデビューするはずだった姉の相方がデビュー前に逃げたため、急遽、妹であった上沼恵美子さんに声がかかったそうです。

そんな2人は高校生ながら巧みな話術で、デビューした年に「上方お笑い大賞銀賞」を受賞。

また、1973年には「NHK漫才コンテスト優秀敢闘賞」を受賞するなど、一躍スターとして活躍されます!

芸能界の大御所であるビートたけしさんは2018年12月23日放送された「TVタックル豪華版!」で、当時を振り返って「上沼恵美子さんが昔、海原千里・万里で漫才やってた時はすごかったよ。うまいなあ、と思ったし。」と尊敬の念を持っていることを明かされました。

また、年齢は自身の方が上だが「上沼恵美子さんと、さんをつけている」とも述べられました。

そんな海原千里・万里は、1975年にレコード「大阪ラプソディー」を発売し、売り上げ40万枚を記録するなど歌手としても活躍されています!

まとめ

今回は、上沼恵美子さんの若い頃(昔)のかわいい画像を見ていきました。

また、漫才師時代の動画も見ていきました。

今は司会者としてのイメージが強い上沼さんですが、若い頃はバリバリの漫才師でしたね。

今後、漫才を披露されることはないかもしれませんが、また見てみたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください