【放送事故】欅坂46・黒い羊のカメラワークが悪すぎと話題!Mステ

2019年2月22日放送の「ミュージックステーション」に欅坂46が出演されたのですが、カメラワークが悪すぎと話題になりました。

そこで今回は、その実際の映像を見ていきたいと思います!

また、それに対するネットの声もお伝えします。

【放送事故】欅坂46・黒い羊のカメラワークが悪すぎと話題!Mステ

22日放送の「ミュージックステーション」で、欅坂46が2月27日発売のシングル「黒い羊」を披露されました。

この曲のコンセプトは集団の中での疎外感で、

タイトルに使われている黒い羊はのけ者、厄介者、変わり者を表しているそうです。

実際の映像

そんな黒い羊をMステで披露された映像がこちらです↓

どうですか?

最初の方は違和感はありませんが、最後の方になるとカメラマンが度々映って気になりますよね?

これを見た視聴者からはこのような声が上がりました。

ネットの声


 
やはり残念がる声が多いですね。

その他にも、カメラマンの問題ではなくスイッチャーの問題と言う人も数多くいました。

平手友梨奈の卒業アルバムの写真が可愛い!中学時代は一人ぼっちだった?

まとめ

今回は、Mステで欅坂46が披露した「黒い羊」のときのカメラワークが悪すぎと話題になっていることについてまとめていきました。

やはり生放送には放送事故がつきものですね。笑

それにしても今回のカメラマンが映ったり、スタッフの声が入ったりはさすがに酷かった気がします…

今後はもっとリハーサルなどを重ねて、より良いものを放送してほしいなと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください