手塚理美のグレイヘアはいつから?白髪にした驚きの理由は憧れだった!?

1980年代にトレンディドラマの常連女優として大人気だった手塚理美さん。

久しぶりにバラエティ番組『ヒルナンデス』に出演されると、あまりの容姿の変化に驚きの声が相次ぎました。

そこで今回は、そんな手塚理美さんのグレイヘアはいつからなのか?

また、白髪を染めない驚きの理由とは何なのかについてお伝えしていきます!

手塚理美のグレイヘアに驚きの声!

テレビドラマや映画で長年活躍されている女優の手塚理美さん。

2020年3月10日放送のバラエティ番組『ヒルナンデス』の名物コーナー「格安コーデバトル」に登場すると、

グレイヘアのベリーショートというヘアスタイルに、ネット上では驚きの声があがりました。

グレイヘアとは
白髪を染めずに生かしたヘアスタイルのこと。

確かにパッと見、びっくりしますよね。

手塚理美さんといえば、黒髪ストレートの若々しいイメージを持つ方も多いと思います。

そのため、放送を見た視聴者からは「手塚理美さんだと気付かなかった」という声も多くありました。

手塚理美のグレイヘアはいつから?

白髪といえば加齢の象徴のようなネガティブなイメージがありましたが、近年、多くの芸能人も実践していることからグレイヘアがブームになってきていますよね。

例えば、フリーアナウンサーの近藤サトさんも黒髪で若々しいイメージがありましたが、最近ではグレイヘアに挑戦されており話題になっていました。

では、そんなグレイヘアに挑戦された手塚理美さんですが、いつから始められたのでしょうか?

そこで色々調べてみると、2018年1月から60歳を目標に3年かけてグレーヘアへの移行を決意されていました。

はじめは生えてきた白髪が目立たないように髪をベリーショートにして、全体を明るいミルクティー色に。

その後、以前に施していた白髪染めがどう反応するか、どんな発色になるのか? を美容師さんと相談しながら、美容室での4回のメンテナンスを経て、いい感じのグレーヘアにされたようです。

1年前までは、漢方の白髪染めで1ヶ月2回染めていたようですが、今では染めなくても違和感がないため、60歳までは色で遊ぼうとも考えているそうです。

手塚理美がグレイヘアにした理由は憧れ!?

とはいえ、女性であれば、白髪が増えてきたら自然と染めたいと感じる方も多いのではないでしょうか?

その主な理由としては、

  • 老けて見られるのが嫌
  • いつまでも若々しくいたい

などという願望があるからだと思います。

これらは女性にとって永遠のテーマだと思いますし、皆さんも同じように感じていると思ってしまうものです。

そのため、今回手塚理美さんが白髪染めしないことについて「なぜ?」と疑問に思う方が非常に多いようです。

しかし、手塚理美さんはグレイヘアにした理由を次のように明かされていました。

「白髪が目立ってきた 40 歳頃からずっと黒く染めていましたが、実は、昔からデザイナーの島田順子さんに憧れていて、ゆくゆくはあんなふうなグレーヘアにしたいと考えていました

トレードマークだったストレートの黒髪からグレイヘアにされのには、島田順子さんの存在が大きかったようです。

島田順子さんといえば、パリを拠点に活躍を続けるファッションデザイナーで、78歳(2019年)になる今も第一線でキャリアを築いておられますよね。

そんな2人に直接的な接点はないようですが、島田順子さんの潔さや凛とした生き方にカッコよさを感じられ、手塚理美さんもグレイヘアに挑戦されたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください