5年間同じグローブでプレイした僕が教える長持ちさせるグローブの手入れ方法!

野球をプレイするのに欠かせないものといえば「グローブ」ですよね?

そんなグローブも使えば使うほど汚れてくると思います。

そんなとき、みなさんはどうされますか?

「そのままほっとく」という人もいれば、「毎回使った後は手入れするよ」という人もいると思います。

先に結論から言いますと、グローブを使った後は必ず手入れをした方がいいです!

グローブを手入れすることで、グローブの耐久性がよくなったり、長く使えてお財布に優しかったりといろいろなメリットがあるからです。

なので今回は、同じグローブで5年間プレイした僕が実際に行ったグローブの手入れ方法を紹介していきたいと思います!

準備するもの

・タオル(2枚)

タオルは、グローブの汚れを落としたり、グローブにオイルを塗る時に使います。

・グローブ用オイル

グローブ用オイルは、汚れを落としたり、保湿したり、ツヤを出したりととても万能なオイルです。

グローブの手入れ方法

➀タオルでグローブの汚れを落とす

準備したタオルを使って、グローブの捕球面、グローブの指の間、グローブの背面を拭いていきましょう。

この汚れを落とす作業は、グローブの手入れで1番大事な作業です!

今グローブ用オイルが手元にない人も、この汚れを落とす作業だけでもやっておくと、グローブが長持ちします。

ちなみに僕は、汚れがひどい時は歯ブラシを使って汚れを落としていました。

でも汚れを落とそうと思って強く磨くと、グローブが傷ついてしまうので、やさしく磨くようにしてください!

➁グローブにグローブ用オイルを塗る

グローブの汚れを落とす作業が終わったら、次にグローブにグローブ用オイルを塗っていきます。

これも汚れを落とす作業同様、グローブの捕球面、グローブの指の間、グローブの背面を重点的にオイルを塗りましょう!

この時注意してもらいたいのが、オイルの量です。

オイルをたっぷりつけて塗ってしまうと、グローブが重たくなって使いづらくなるので、必ず少量つけてちょっとずつ塗っていきましょう!

ちなみに僕は、汚れを落とさずにオイルを塗ってしまったことがあります…

もちろんこれは、やってはいけません!

なぜかというと、汚れをグローブに染み込ませてしまい、グローブが黒くなったり、重たくなってしまうからです。

なので、必ず汚れを落としてからオイルを塗りましょう!

➂風通りの良いところに保管する

グローブにグローブ用オイルを塗る作業が終わったら、次にグローブを風通しの良いところに保管しましょう。

この時、グローブを寝かせて保管してしまうとグローブの型が崩れてしまうので、必ず保管する時はグローブを立てて保管しましょう!

ちなみに、オイルを塗ってすぐグローブを持ち運ぶ時は、グローブにボールを挟むことをオススメします。

グローブにボールを挟むことによって、型が崩れるのを防ぐことができるからです!

最後に

今回は、僕が5年間同じグローブでプレイすることができたグローブの手入れ方法について紹介しました。

めんどくさがってグローブの手入れをやらない人がいますが、グローブの手入れは野球の上手さにもつながると言われています!

なので、野球が上達するためにもグローブの手入れはこまめにするようにしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください