シングルヒットしか打てなかった僕がホームランを打つまでに行った練習法!!

野球をしているひとなら、一度は憧れる「ホームラン」。

自分のペースで走れるダイヤモンドは最高ですよね?

でも、野球人生で一度もホームランを打たずに辞めてしまうひとは結構います!

それほど、ホームランを打つのは難しいです…

だからこそ、打ったときの喜びは他では味わえないのです。

今回は少しでも多くの人にその喜びを
味わってもらうため、いつもシングルヒット
しか打てなかった僕がホームランを打つまで
行った練習法を紹介します!

目指せ!ホームラン!! 2つの練習法

➀ロングティー

ロングティーとは、トスされたボールを打つことです。

ピッチャーの投げる球みたいに速くないので、
バットに当たっただけでは、ボールは飛びません

なので、体全体の力をボールに伝えないといけ
ないのですが、そんな難しいことは考えなくて
いいです。

それよりも大事なのは、何回もスイングして
打球が遠くに飛んだ時の感覚を体に覚えさせることです!

実際に僕も、ロングティーの時は遠くに飛ばすことばかり考えてました。

この時、自分のバッティングフォームだけは
崩さないようにしましょう!

崩して打つと、元も子もないので…笑

➁片手ティーバッティング

片手ティーバッティングとは、トスされたボールを片手で打つことです。

右バッターなら左手で、左バッターなら右手でバットを持ちます。

この時、バットを持っている方の脇の下に
タオルを挟んで、それが落ちないように
打ちましょう!

とはいっても、僕も初めは打ちづらく、
タオルが落ちてしまいました…

その原因は、腕だけを使ってバットを振っているからなんです。

逆に、下半身を使ってバットを振ると
タオルは落ちなくなります。

なので、タオルが落ちなくなったら「下半身が使えてる」証拠です!

これまで腕だけで力まかせに打ってた人には、
とても効果的な練習です。

実際に僕も、タオルが落ちなくなってから
先程紹介したロングティーで飛距離を
伸ばすことができました!

最後に

今回は、僕が初めてホームランを打つまでに
行った練習法を紹介しました。

僕はこの2つの練習法を実践してから、半年
くらいで初めてホームランを打ちました!

結果が出るまでは「この練習法で大丈夫かな?」と思うかもしれません…

そんな時は、いつか自分がホームランを打って
ゆっくりダイヤモンドを走っている姿を想像
してみてください。

今の地道な練習の積み重ねこそが、その想像を現実にしてくれます!

目指せ!ホームラン!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください