紫艶(桂文枝の元愛人)の死因は薬?病気?亡くなった自宅はどこ?

2019年5月2日、衝撃のニュースが飛び込んできました。

元演歌歌手で桂文枝師匠との愛人関係を報じられた『紫艶』さんが、自宅で亡くなっていたのです。

そこで今回は、紫艶(桂文枝の元愛人)さんの死因はなんだったのか調査していきます!

また、亡くなった自宅はどこなのかお伝えします。

紫艶(桂文枝の元愛人)の死因は薬?病気?亡くなった自宅はどこ?

  • 本名   中江ひろ子
  • 芸名   紫艶(しえん)
  • 生年月日 1978年1月17日
  • 出身地  兵庫県尼崎市
  • 身長   166cm

18歳のとき『吉本演歌歌謡曲選手権』で優勝。

2000年には日本有線大賞新人賞を受賞。

そんな紫艶さんが、2019年3月7日に自宅のマンションで独り、帰らぬ人となっていました。

紫艶(桂文枝の元愛人)の死因は薬?病気?

2019年3月11日の昼間、事務所に紫艶さんのお母さんから『毎日、電話をくれる娘が3月7日を最後に連絡が取れない』という電話があり、

大家さんが自宅を訪れたところ、紫艶さんが亡くなっているのが判明しました。

当初、自殺などの疑いがありましたが、

遺体を司法解剖した結果、『病死』という判断が下されました。

紫艶さんは、以前から多くの種類の薬を服用していたため、それが死因ではないかと考えられています。

また、レコード会社関係者は以下のように証言していました。

    「文枝さんに捨てられた直後、紫艶さんの精神状態はとてもひどく、リストカットを繰り返してしまったそうです。彼とは18歳のときから38歳まで20年間付き合い、“初めて好きになった人が文枝さんだった”って涙ながらに話したこともありましたよ。ただ、今の事務所に入ったことをきっかけに、“彼のことを忘れて頑張る”って話してくれましたし、実際にそれからは、一度も自殺未遂のようなことは無かったって聞いていますよ」

このことから精神的な病気も関係しているのではないかと考えられます。

紫艶が亡くなった自宅はどこ?

独り自宅のマンションで亡くなっていた紫艶さんですが、

その自宅マンションがどこにあるのか気になるところです。

そこで調べてみました。

すると、

報道で、都内の自宅マンションで亡くなっていたと報じられていました。

なので、紫艶さんの自宅は都内で間違いないと思います。

まとめ

今回は、紫艶(桂文枝の元愛人)さんの死因は何だったのかまとめていきました。

おそらく多くの薬を服用していたことが死因でしたね。

また、紫艶さんの亡くなった自宅はどこなのかお伝えしました。

都内の自宅マンションでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください