赤プルのヤンキー時代が凄すぎる!旦那の松丘慎吾とはコンビ?子供は何人?

お笑いタレントの赤プルさん。

今回は、そんな赤プルさんのヤンキー時代が凄すぎると話題なので、当時の画像を見ていきたいと思います。

また、赤プルさんの旦那や子供についてもお伝えします!

赤プルのプロフィール

芸名 赤プル(旧芸名:赤いプルトニウム)
本名 松丘夕子 (旧姓 草間)
生年月日 1977年9月26日
出身地 茨城県常総市
血液型 B型
身長 158cm
最終学歴 茨城県立水海道第二高等学校

実家の寿司屋「ふじみ寿司」の次女として生まれた赤プルさん。

高校卒業後、イベントコンパニオンやフリーの芸人を経て、2009年より芸能事務所「太田プロダクション」に所属されます。

しかし、2011年3月17日、東日本大震災の発生を受けて、「赤いプルトニウム」という芸名から、愛称であった「赤プル」に芸名を変更

理由は、『プルトニウム』という言葉が福島第一原子力発電所事故の被害者の感情を害する惧れがあること、また自身の実家も被災したことだったそうです。

旦那の松丘慎吾とはコンビ?子供は何人?

そんな赤プルさんは、2011年1月2日に事務所の先輩でもある「くらげライダー」の松丘慎吾さんと入籍されます。

名前 松丘慎吾
生年月日 1970年2月19日
出身地 京都府綴喜郡八幡町(現・八幡市)
血液型 O型
身長 169cm

そんな2人は、2014年6月から夫婦コンビ『赤プルと旦那』を結成して活動を開始されます。

そして、2015年3月12日放送の『たけしの等々力ベース』で、出演者のダイオウイカ夫の助言によって『チャイム』にコンビ名を改名されました。

ちなみに、赤プルさんと松丘慎吾さんの間には子どもが2人おられます!

赤プルのヤンキー時代が凄すぎる!

過去にイベントコンパニオンをされていただけあって、40代になってもスタイル抜群の赤プルさん。

そんな赤プルさんの若い頃が気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで調べてみました。

こちらは、赤プルさんが20代前半のときの画像。

この頃は当時、大人気だった安室奈美恵さんに憧れていたそうです。

こちらは、赤プルさんが10代後半のときの画像。

この頃は、地元の茨城県の「レディース(女性だけで構成される暴走族)」に所属していたそうです。

先程の画像とだいぶ違いますよね。

ちなみに、赤プルさんは過去に、この暴走族時代を生かして「特攻服」を着て漫才をされていました。

まとめ

今回は、赤プルさんのヤンキー時代の画像を見ていきました。

確かに、現在と比べると凄い迫力でしたね。

また、赤プルさんの旦那の松丘慎吾さんや、子供についてもお伝えしました。

旦那の松丘慎吾さんとはコンビで、子どもは2人でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください