新宿の目の場所や行き方は?作者は椎名林檎?撤去されるとの噂も!

破損したことで話題になっている「新宿の目」

東京に住んでる方やアートに興味がある方なら1度は行ったことがあると思います。

しかし、行ったことない人からしたらどこにあるのかすら分からない。

そこで今回は、新宿の目の場所や行き方についてご紹介します!

また、作者は椎名林檎さんなのか?

撤去されるって本当なのか?お伝えしていきます。

新宿の目の場所や行き方は?

新宿の街を行き交う人々を、40年以上も見守ってきた「新宿の目

1969年の製作以来、待ち合わせ場所や、映画・ドラマのロケ地などに利用されてきました。

大きさは高さ3.4m、横10mにも及び、素材はアクリル製。

また、中央の瞳の部分と目頭の内部には照明が埋め込まれており、ゆっくりと回転しながら万華鏡のように輝きます!

ちょっと不気味なオブジェのため、子どもなどからは怖がられています。笑

場所

そんな「新宿の目」の場所は、JR新宿駅西口のスバルビルの地下広場です。

行き方

新宿西口をでて、新都心高層ビル街に向かう地下通路の右側入口の壁面にあります。

新宿スバルビルの地下1階の角で、三井住友銀行のATM入口が目印です!

また、地下通路をまっすぐ歩いていくと副都心高層ビル街に出ます。

  • 【最寄駅・改札】JR新宿駅・西口改札
  • 【距離】約170m 
  • 【所要時間】130秒以内

新宿の目の作者は椎名林檎?撤去されるとの噂も!

作者は?

そんな新宿の目の作者は誰なのか?

気になる方も多いと思います。

一部では、歌手の椎名林檎さんの名前が出ていますが、

本当の作者は『宮下芳子(みやしたよしこ)さん』です!

中国(天津)で生まれ、鹿児島県鹿児島市で育ったそうです!

では、なぜ椎名林檎さんと勘違いされたのか?

それは椎名さんが、ミュージックビデオのロケ地で「新宿の目」を利用したことから勘違いが生まれたそうです。

撤去の噂の真相

そんな「新宿の目」に撤去の可能性が出てきました。

同作が設置されているのは、小田急が2011年に富士重工業から所得したスバルビルの地下。

しかし、所有する小田急によると、同ビルは解体が決定しており、最後のテナントとして残っていたマクドナルドも閉店しました。

これに伴って、「新宿の目」は撤去されるのではないか?という噂が浮上しました。

結論からいうと、所有する小田急電鉄は「当面は撤去する予定はない」と発表されています。

なので、今のところ撤去されることはありません。

まとめ

今回は、新宿のシンボルでもある「新宿の目」の場所や行き方についてまとめていきました。

場所はJR新宿駅西口のスバルビルの地下広場でしたね。

また、作者は椎名林檎なのか?

撤去される噂は本当なのか?についてお伝えしていきました。

作者は宮下芳子さんで、今のところ撤去される予定はありませんでしたね。

1 Comment

かかし

新宿の目…そういうものだったんですね!
名前をチラッと聞いたことはあるようなないような…という
程度なんで、どういうものなのかまるで知りませんでした。
実物を写真で見ると、けっこう印象的ですね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください