桂銀淑の今の姿が老婆みたいな老け顔?若い頃より劣化したのか比較!

女性演歌歌手である韓国の桂 銀淑(ケイ ウンスク)さん。

日本では紅白に7年連続で出場した「演歌の女王」としても知られていますよね!

今回は、そんな桂銀淑さんの今の姿が老婆みたいな老け顔と話題になっているので調べていきます。

また、若い頃に比べて劣化したのか比較画像で検証してみたいと思います!

桂銀淑のプロフィール&経歴

  • 名前   桂銀淑(ケイウンスク)
  • 生年月日 1961年7月28日
  • 出身地  韓国・ソウル市永東
  • 身長   160cm
  • 体重   47.5kg 
  • 血液型  B型

1977年、高校生の時に韓国でモデルとしてデビューすると、

CMのキャラクターに抜擢されるなどして、2年間モデルとして活躍されました。

1979年にはシングル「歌って踊って(노래하며 춤추며)」で歌手デビューし、アイドル歌手としての人気を得て、

翌年発売した「待っている女心(기다리는 여심)」でMBC10大歌手歌謡祭新人賞を受賞されます!

実際の曲がこちらです↓

そして、

1984年に作曲家の浜圭介に見出され、

1985年に「大阪暮色」で日本デビューされます。

その後、

  • 「すずめの涙」
  • 「夢おんな」
  • 「酔いどれて」
  • 「真夜中のシャワー」
  • 「悲しみの訪問者」
  • 「花のように鳥のように」
  • 「ベサメムーチョ」

などのヒット曲を出し、

1988年、「すずめの涙」で『NHK紅白歌合戦』に初出場し、以降1994年まで7年連続出場されました。

しかし、その後は、

    実業家の金榮秀(キム・ヨンス)と結婚するも離婚

    借金トラブルが原因で所属プロダクションより契約解除

    更年期障害やうつ病を発症

    覚せい剤取締法違反(所持)で現行犯逮捕

など波乱万丈な人生を歩まれます。

桂銀淑の今の姿が老婆みたいな老け顔?

そんな桂銀淑さんは、2016年に韓国で歌手活動を再開されました。

その現在の様子がこちらです↓

一部では「桂銀淑の今の姿は老婆みたい」との噂がありましたが、

どうですか?

全然老婆みたいじゃないですよね。

むしろ57歳という年齢を考えれば、老け顔というよりは若々しいです!

桂銀淑は若い頃より劣化したのか比較!

では、桂銀淑さんは若い頃より劣化したのか比較していきましょう!

左が若い頃右が現在

どうですか?

多少の劣化は感じますが、同年代の方に比べたら綺麗ですよね!

まとめ

今回は、桂銀淑さんの今の姿が老婆みたいな老け顔と話題になっていることについてまとめていきました。

どちらかというと、老け顔ではなく若々しかったですよね!

また、若い頃より劣化したのか比較画像を使って検証していきました。

多少の劣化は感じられましたが、全然綺麗でしたよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください