島津亜矢の紅白歌合戦での曲目や評判は?歌が上手いと話題に![動画]

2018年12月31日放送の「第69回NHK紅白歌合戦」への出場が決まった島津亜矢さん。

島津亜矢さんといえば、天性ともいえる艶と張りのある声に、抜群の歌唱力を持ちあわせた演歌歌手ですよね!

今回は、そんな島津亜矢さんの紅白歌合戦での曲目や評判などについてまとめていきます。

また、過去に出演した番組で「歌が上手い!」と評判だったので、そのことについてもお伝えします!

島津亜矢の紅白歌合戦での曲目や評判は?

島津亜矢さんは、1971年に熊本県で生まれ、

小学生の時に出場した「のど自慢」や「歌謡祭」でずば抜けた歌唱力を披露し、一躍有名になられます!

その後、14歳で地元を離れ、作詞家の星野哲郎さんに弟子入りし、

そして、1986年の15歳の時、メジャーデビューされます!

1991年に発売した「愛染かつらをもう一度」が30万枚の大ヒットを記録します。

14歳という若さで地元を離れられていて、すごいですよね!
中学生くらいで、親元を離れるのはすごく勇気のいる行動だと思います。

そんな島津亜矢さん、2001年に「紅白歌合戦」初出場されます!

そのときの曲目は「感謝状~母へのメッセージ~」です。

この曲は、歌手を目指し上京する自分を陰で支えてくれた母・久美子さんへの思いが込められているそうです。

親思いの素敵なエピソードですよね!

その後、2015年、2016年、2017年と紅白歌合戦に出場されます。

そのときの曲目は、

2015年、「帰らんちゃよか

2016年、美空ひばりさんの「川の流れのように」をカバー

2017年、「The Rose

です。

特に、2017年の「The Rose」では、演歌歌手の島津亜矢さんが洋楽を歌われたことでも話題になりました!

なんか心に刺さるものがありますよね!

SNSでも大きな反響があり、

これ以外にも、「感動した!」と多数の声がありました。

紅白歌合戦2018の曲目が決定!

2018年12月21日「第69回NHK紅白歌合戦」の出場歌手の曲目が発表されました。

気になる島津亜矢さんの曲目は、「時代」に決まりました!

今から楽しみですね~

島津亜矢は歌が上手いと話題に!

紅白歌合戦に5度目の出場が決まった、島津亜矢さん。

2018年3月29日放送の「UTAGE!春の祭典スペシャル」に出演された際、

宇多田ヒカルの「First Love」とコブクロの「桜」を歌われたところ、

演歌歌手とは思えないほど、邦楽曲のカバーが上手すぎると話題になりました!

高音の張りのある歌声とドスのきいた低音が絶妙ですよね!

また、微妙で繊細なビブラートもたまらないですよね。笑

まとめ

今回は、島津亜矢さんの紅白歌合戦での曲目や評判についてまとめていきました。

また、歌が上手いと話題だったので、そのことについてもお伝えしました。

さすが女性演歌歌手、観客動員数No.1の島津亜矢さんということもあってすごく上手でしたよね!

2018年の紅白歌合戦でも、また美声が聞けると思うと今から楽しみですね~

そんな島津亜矢さんのこれからの活躍に期待したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください