水森かおりが年齢サバ読みで老け顔と話題に?若い頃の画像がかわいすぎる!

2018年12月31日放送の「第69回NHK紅白歌合戦」に16年連続での出場が決まった水森かおりさん。

紅白に出場されるだけでもすごいのに、16年連続とは驚きです!

今回は、そんな水森かおりさんが年齢をサバ読みしていて老け顔?といわれているので、実際に調べてみました。

また、水森かおりさんは若い頃、かわいいと話題なので

そのことについてもまとめていきます!

水森かおりのプロフィール

まずは、水森かおりさんの簡単なプロフィールです。

  • 本名 大出弓紀子 (おおでゆきこ)
  • 生年月日 1973年8月31日
  • 出身地 東京都北区
  • 最終学歴 城西大学女子短期大学部
  • 職業 演歌歌手

水森かおりが、芸名とは驚きましたね!
ずっと本名だと思ってました。笑

水森かおりは年齢をサバ読みで老け顔?

16年連続での紅白出場を決められた水森かおりさんですが、

年齢をサバ読みしているのでは?

噂になっています。

みんな好き放題言ってますね…笑

では、本当にサバを読んでいるのか調べていきたいと思います!

水森かおりさんが、公表しておられるのは2018年時点で「45歳」です。

生年月日が、1973年だったので間違いなさそうです!

では、なぜ年齢をサバ読みしていると言われるようになったのか気になりますよね?

理由は、年齢の割には老け顔に見えるからだそうです。

でも、本当に老け顔なのか同じ年齢の有名人と比較してみたいと思います!

まずは、水森かおり

青木さやか

松嶋菜々子

梨花

宮沢りえ

深津絵里

どうですか?

みなさん若く見えますよね!

なので、水森かおりさんが老け顔というのは間違いのようです。

むしろ、年齢の割には若く見えると思います。

でも、見るシチュエーションによっては老けてみえるのかもしれませんね!

また、水森かおりさんは身長もサバ読みしているのでは?

と言われています。

水森かおりさんが公表されている身長は、153cmです。

でも、みなさん、水森かおりさんは身長が高いイメージがありませんか?

実は、それには理由があって、

水森かおりさんがステージに上がられる時、ロングドレスと15cmのハイヒールを履かれていることが多いからです!

ロングドレスって身長が高く見えますよね!

また、15cmのハイヒールを履かれたら、単純に身長が168cmになるので高いですよね!

なので、みなさんの中で、

水森かおり=身長が高い

というイメージがついてしまったのだと思われます。

ちなみに、

このような声もありました。

さすがに高すぎますよね。笑

でも、なぜこのような人がいるのか気になりますよね?

その理由は、水森かおりさんが時々巨大衣装でステージに上がられるからなんです!

すごいですよね!
なんというか…迫力が。笑

水森かおりの若い頃の画像がかわいすぎる!

水森かおりさんは、1995年に「おしろい花」でデビューされます。

その後、2002年に発売した「東尋坊」がカラオケファンに受け、

翌年の2003年に発売した「鳥取砂丘」で大ヒットし、ブレークされます。

そんな水森かおりさんの若い頃がかわいいと話題です!

                  1999年

                  2002年

                  2003年

                  2004年

                  2006年

かわいいですよね!

今でも美しい水森さんですが、若い頃も美しいですね。

まとめ

今回は、水森かおりさんが年齢と身長をサバ読みしていて、老け顔なのかについてまとめていきました。

また、水森さんの若い頃がかわいいと話題だったので、そのことについてもお伝えしました。

年齢、身長ともにサバを読んでおられなかったのが分かっていただけたと思います!

また、若い頃の水森さんもかわいかったですよね!

これからの水森かおりさんの活躍に期待したいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください