[ヤクルト]清水昇の出身中学・高校は?プロで大学時代のケガの影響はあるのか?

2018年10月25日に行われた「プロ野球ドラフト会議」。

そのドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズに1位指名されたのが、國學院大學の清水昇投手です。

清水投手は、最速151kmの直球とツーシームなどの多彩な変化球を操る、本格派右腕として注目されています!

今回は、そんな清水昇投手の出身中学や高校についてまとめていきます。

また、大学時代のケガがプロで影響するのか?についてもお伝えします!

清水昇の出身中学・高校は?

中学時代は駿台学園中学校でエースだった!

清水昇投手の出身中学は、東京都北区にある駿台学園中学校です。

そこで、中学3年生の時にエースとしてチーム初の全国大会に出場されます!

エースとして、チームを全国に導くってかっこいいですよね!
憧れます…笑

なんでも、その全国をかけて戦った関東大会の決勝で
清水投手は、最終回の最後の打者に自己最速となる141kmを投げられるのです!

しかも、硬式球に比べてスピードが出にくいとされている軟式球で
このスピードを叩き出されたので驚きです!!

全国大会に出場した駿台学園中学は、その後
全国ベスト8と好成績を収められます。

ちなみに、駿台中学にはちょっと変わった練習法があります。
それが、こちらです↓

初めて見たら、びっくりしますよね?
この練習だと、普段の試合よりも疲れそうですね…笑

高校は帝京高校で、1年から背番号1!

清水昇投手の出身高校は、野球の名門帝京高校です。

そこで清水投手は、1年秋からエースナンバーの背番号1をつけられます。

強豪校で、1年生からこの背番号はすごいですね!

3年夏の東東京大会では、決勝まで勝ち上がられます。

そして決勝では、二松学舎大付と戦い、惜しくも4-5で敗れてしまいます…

夢の甲子園には、あと一歩届きませんでした。

その時の気持ちを、

と、語られています。

負けた悔しさがありながらも、すぐに次に向かって切り替えておられて
すごいなと思いました。
ボクだったら、長く引きずるかもしれません…笑

ちなみに、帝京高校の先輩に現・DeNAの山崎康晃投手がおられます。
その山崎投手に、清水投手は高校時代ツーシームの投げ方を教わり、
今では強力な武器となっています!

プロで大学時代のケガは影響するのか?

清水投手は、高校時代の悔しさを糧に國學院大學に進学されます。

そして、1年秋から登板機会をつかみ、2年春からは先発、その秋にはエースとして4勝されます!

これからの活躍が期待された清水投手だったのですが…
3年春に、右足甲痛になられます。

その影響もあって、春は1試合に登板しただけとなります。

ですが、その年の秋
リーグ3位となる防御率2.31をマークされます!

そして、4年の春
リーグトップの防御率1.75で最優秀防御率のタイトルを獲得されます!!

その後、日米大学野球選手権で日本代表に選ばれ、完全復活されるのです!

これは、2018年10月16日に行われた國學院大-東洋大の試合です。

この試合で、清水投手は12奪三振2失点完投と素晴らしい成績を収められます!

このように、ケガから復活された清水投手のピッチングは安定しているので、プロでは影響はないと思います。

まとめ

今回は、清水昇投手の出身中学や高校、プロで大学時代のケガが影響するのか?などについてまとめていきました。

「安定して低めに球が集まるタイプ!」と評価が高い、清水投手。

そんな清水投手が、プロに入ってからも活躍されることを期待しています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください