【画像】立川志らくの自宅の住所は練馬区大泉!談志の自宅を継いでいた!?

月曜から金曜まで情報番組「グッとラック!」の司会を務め、“TBSの朝の顔”となっている落語家の立川志らくさん。

そんな志らくさんの妻である酒井莉加さんが弟子と不倫していたと話題になってます!

そこで今回は、立川志らくさんの自宅の住所は練馬区大泉なのか?

また、立川談志さんの自宅を継いでいたのかについて、実際の自宅の画像とともにお伝えしていきます!

立川志らく 元アイドル妻が弟子と自宅前で「わいせつ」行為

立川志らくの妻で、19人の弟子を取り仕切る「おかみさん」の酒井莉加さんが、弟子と不倫関係に陥っていることが、「週刊文春」の取材で分かりました。

劇団関係者によると、

「劇団の主宰者である酒井さんは、志らく師匠の弟子で落語家を休業している25歳の劇団員といつも一緒にいます。今や2人の仲は公然の秘密で、子どもを連れてランチや遊びに行くなど、もう夫婦同然の関係です」

引用:週刊文春

実際、「週刊文春」の取材班も2人のデート現場をたびたび確認しており、2020年2月7日には2人でスーパーへ食料品の買い出しに行き、志らくさんが地方公演のために不在の自宅で夜を共に過ごしたそうです。

また、舞台の公演初日だった2020年2月19日深夜には、自宅近くの駐車場に軽自動車を停め、酒井さんと弟子の2人は車中でキスやその他の“行為”に及んだとのことです。

立川志らくの自宅の住所は練馬区大泉?

では、そんな立川志らくさんの妻が弟子とキスなどの行為に及んだ自宅の場所はどこなのでしょうか。

そこで調べてみると、練馬区大泉に自宅があることが分かりました。

また、その自宅は志らくさんの師匠である立川談志さんの自宅を受け継いでいることも判明しました。

志らくさんによると、練馬区大泉は「都心でもなく、埼玉県に近く、都会の喧騒とほどよい距離感がある」とのことで、ここでの生活を楽しんでいるそうです。

そんな志らくさんの自宅の外観がこちらです。

こちらの自宅は、2017年4月23日放送の「ウチくる!?」の番組内でTV初公開されました。

その際、自宅の中も詳しく紹介されていました。

自宅の2階には、志らくさんの書斎があり、自分で集めたものや立川談志さんからもらった物などが収納されています。

また、その部屋からは立川談志さんが愛した八重桜が見れるようになっています。

これは、亡くなる2ヶ月前に志らくさんが御見舞に行った時にもらった談志さん直筆の遺言だそうです。

そこには「人生こんなもんだ」と書かれており、どんだけ威張ってても芸に対して頑張っても病気になったら俺みたいになるんだよというメッセージと受け取ったとのことです。

自宅の1階には立川流の門がある和室があり、匠のアイディアで高座になる仕掛けになっていて、落語が出来るようになっています!

しかし、最初は弟子に落語を教えるなどで利用していたそうですが、最近ではお客さんが来た時のテーブルとして使っているとのことです。

こんな記事も読まれています!

酒井莉加の顔画像やwikiプロフ!アイドル時代の可愛い画像も発見!

まとめ

今回は、立川志らくさんの自宅の住所についてお伝えしていきました。

志らくさんの自宅の場所は練馬区大泉でしたね。

また、師匠である立川談志さんの自宅を受け継いだとのことで、談志さんの思いがつまった自宅となっていました。

特に1階にあった高座なんかは落語家独特のこだわりですよね。

そんな自宅を自分の弟子に送ったということで、談志さんの志らくさんに対する期待度が相当高かったのかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください