宮根誠司は話聞かないし、話を遮る?偉そうな態度に視聴者からは不満の声!

フリーアナウンサーでタレントの宮根誠司さん

「ミヤネ屋」や「Mr.サンデー」など多くの情報番組に出演され、今やテレビで見ない日はないくらい活躍されています。

今回は、そんな宮根誠司さんが番組内で「人の話を聞かない」「勝手に話を遮る」と話題になっていることについてまとめていきます!

また、この偉そうな態度に対する視聴者の不満の声もお伝えしていきます。

宮根誠司は話聞かないし、話を遮る?

「ミヤネ屋」や「Mr.サンデー」など多くの人気番組で司会を務め、世間での認知度も高まっている宮根誠司さん

饒舌なトークに加えて、自分の意見をはっきり言うスタイルがお茶の間に受け、今や日本のなかでも人気ある司会者です。

しかし、そんな宮根さんの司会進行に対して不満を抱いてる視聴者も数多くいます。

ネットの声

その理由の多くが、「話を振っておいて最後まで聞いてない」、「コメンテーターが話をしてる最中に遮る」といったもの。

では、実際にその司会の様子を見ていきましょう。

司会の様子

こちらの動画は映画の舞台となったカフェでの取材ということですが、リポーターや店主の方が丁寧に説明をされているなか、宮根さんは一切話しを聞かず自分の気になったことばかり質問しているように見えます。

確かに、気になることをすぐ質問したい気持ちは分かりますが、もう少し間を空けて質問してほしいですよね。

また、こちらの動画では中継先のリポーターにスタジオの声が届いていないという状況なのですが、宮根さんがずっと文句を言っていて、リポーターの方の説明が全く耳に入らないですよね。

ここはメディアとして情報伝えることが第一なので、説明が終わってから言っても良かったのではと思います。

この2つの動画から、宮根さんはどうしても自分の思い描いたプランで進めたいという気持ちが強いように感じます。

このスタイルこそが、視聴者から不満を抱かれる原因の1つなのかもしれませんね…

宮根誠司の偉そうな態度に視聴者からは不満の声!

また、宮根さんは番組内でたまに乱暴な行動や言動をされることがあります。

その実際の映像が以下になります。

乱暴な行動

こちらの動画は、お天気コーナーで次の説明のためにモニター画面を切り替えるという場面ですが、なかなか切り替わらないことに腹を立てた宮根さんがモニター画面を強く叩くという行動に出られています。

これに対しネットでは、多くの批判の声が上がりました。

いくら腹が立ったとはいえ、いい大人が公共電波の前でこのような行動に出るのはダメですよね。

しかも「ミヤネ屋」はお昼の番組ということもあり、子どもたちが見てる可能性もあるので余計に許される行為ではありません。

乱暴な言動

また、こちらの動画ではカンペを用意したADに対し「こういう人間が多い」「知ったかぶりをしてる」などと高圧的な態度をとっています。

これに対しネットでは、

ADに対しての言葉が酷すぎる…
宮根偉そうだな~

自分の番組かもしんないけど周りで支えてるスタッフの事考えろよ。
文句言うなら全部1人でやれ
「こういう人間が多いんだよ」
あなたみたいな性格くそ悪い人間は少ないと思いますよ。

などと、多くの批判の声がありました。

宮根さんのこういった普段からの一つひとつの行動や言動が、視聴者からは偉そうに見え、不満を抱く対象になるのかもしれません!

こんな記事も読まれています!

加藤綾子のギャル時代の画像が衝撃的!ヤンキー時代の武勇伝とは?

宮根誠司の左目はプチ整形だった!ミヤネ屋で顔変わった原因を告白!

宮根誠司の子供(娘)の小学校は有名私立?自宅は大阪で実家は島根?

まとめ

今回は、大物司会者である宮根誠司さんの「話を聞かない」「話を遮る」といったことについてまとめていきました。

また、宮根さんがたまに見せる乱暴な行動や言動などについてもお伝えしました。

どの行動や言動も視聴者が驚くくらい過激なものでした。

こういった偉そうな態度が視聴者から不満の声を生み、批判の的になるのかもしれませんね。

今後は、もう少し自分の立場をわきまえて秩序ある行動をしてほしいなと思います!

1 Comment

みーりん

この人、ホントに話を割るよね〜。
天気予報を聞いていても頭に入ってこない。なぜ この人がMCをやっているんだろ〜か?
誰か上から言える人はいないの?
毎日 朝から日テレだけどミヤネ屋が始まった途端に チャンネルを変える人が多いのはよくわかる!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください